Related Gallery:2018 Lexus RX 350L: LA 2017

レクサスRX」は同社のベストセラー・モデルであり、米国では今年これまで、次に人気が高い「NX」の2倍近い台数が売れている。クロスオーバー市場が異様に加熱している現状を考えると、このことに驚く人は一人もいないだろう。しかし、消費者の要求がエスカレートすれば、自動車メーカーは喜んで期待に応えようとするものだ。レクサスでは現在、3列シートのクロスオーバーがラインアップの空白地帯となっているが、その穴を間もなく埋めることになるのが新しい7人乗りの「RX350L」と「RX450hL」だ。


3列シートは「GX」と「LX」でも選択できるが、これらのような昔ながらのSUVの売れ行きは、より燃料消費も価格も低い乗用車ベースのクロスオーバーには遠く及ばない。RX350LとRX450hLは、従来から販売されている「RX350」と「RX450h」の全長を110mm伸ばして3列目のシートを収納し、リア・ウィンドウの角度も立てることで3列目に座る乗員のヘッドルームを確保している。


Related Gallery:Lexus RX350L

2列目のシートは従来と同様に4:2:4の分割可倒式だ。3列目のシートには、レバーで2列目を前に倒しスライドさせることで乗り降りする。足元のスペースを確保するため、2列目は3列目よりやや高くなっている。3列目のシートに座る乗員への配慮も抜かりない。3ゾーン式エアコンによって専用の吹き出し口と調整パネルを備え、2人分の専用カップホルダーも装備されている。なお3列目シートは電動格納式なので、使わないときにはフラットなフロアにすることも可能だ。

パワートレインは2列シートのRXと共通。RX350Lは3.5リッターV6エンジンを搭載し、最高出力290hpを発生する。駆動方式は前輪駆動と4輪駆動が設定されている。RX450hLは4輪駆動が標準で、3.5リッターV6エンジンと2基の電動モーターを搭載。システム合計の最高出力は308hpだ。EVモードを選択すると、電気のみで短距離を走行することもできる。なお、日本では7人乗り仕様のRX450hL(4輪駆動)が今年12月に発売予定となっている。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2018 Lexus RX 350L: LA 2017

Related Gallery:Lexus RX350L


■関連記事
【NYオートショー2015】レクサス、4代目となる新型「RX」を発表
【試乗記】高級ホテルに乗りつけるのも似合うラグジュアリーなSUV「レクサスRX」:木下隆之

■関連動画