最初のプロトタイプとして製作された1966年型「シェルビー GT350」がオークションに出品
Related Gallery:1966 Shelby GT350 Ford Mustang prototype

来年1月に米国アリゾナ州スコッツデールで開催される恒例のバレットジャクソン・オークションには、多数の歴史ある貴重なクルマが出品される。その中の1台がこの1966年型「シェルビー GT350」のプロトタイプだ。バレットジャクソンによると、このクルマはシェルビー・アメリカンが1965年型フォード「マスタング ファストバック」をベースに、GT350を開発するために製作した最初のプロトタイプであり、そのことがシェルビー・アメリカン・オートモビル・クラブによって記録されているという。搭載されている4.7リッターV8エンジンと4速マニュアル・トランスミッションは全てマッチング・ナンバー、つまり当初の組み合わせのままだ。


マッチング・ナンバーで最初のプロトタイプということ以外にも、このクルマには特別な点がある。変わった特徴の1つが、AピラーとBピラーも含めてビニールで覆われているルーフだ。フォードもシェルビーもこのルーフを市販車に採用することはなかったが、このクルマではこれがオリジナル(当初の仕様)だ。このルーフはオプションとして取り入れるかどうかを検討するために、テストとして製作されたものだという。また、インテリアはGT350で唯一、フォードがマスタングの純正オプションとして設定していた「ポニー」仕様であり、シートの背もたれには馬の図柄がエンボス加工されている。


バレットジャクソンによれば、このクルマはプロトタイプとして製作・使用されたあと、1966年に米国カリフォルニア州のディーラーでデモカーとして使われたという。1968年に個人に売却されると、その後は数人のオーナーの手にわたり、2011年にフルレストアされている。2015年にはペブルビーチ・コンクール・デレガンスにも出品された。バレットジャクソン・オークションでは予想落札価格を明記していないが、クラシックカーの保険を扱うハガティー・インシュアランスではコンクール・コンディションにある1966年型シェルビー GT350の平均評価額を25万5,000ドル(約2,850万円)としている。このクルマ独自の特徴や歴史的価値を考えれば、それ以上の値段で落札されても驚きではない。


By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:1966 Shelby GT350 Ford Mustang prototype


■関連ギャラリー
Related Gallery:Revology 1966 Shelby GT350 Reproduction SEMA 2016

Related Gallery:Classic Recreations Shelby GT350CR: Quick Spin

Related Gallery:Martini Racing 1966 Ford Mustang T-5R: SEMA 2012 Photos


■関連記事
・シェルビー・アメリカの元従業員3人が、1965年型「シェルビー GT350R」復刻モデルの製造を発表!
・【ビデオ】新品ボディと現代的な装備で再生産される1966年型「シェルビー GT350」!

■関連動画