【ビデオ】元F1ドライバーのマーク・ウェバーが『グランド・ツアー』 のテストドライバー・オーディションに登場!
Amazonプライム・ビデオ『グランド・ツアー』のスタッフは、全ての米国人ドライバーを体現した番組オリジナルのキャラクター"アメリカン"ことマイク・スキナーと今月初めに決別して以来、新たなドライバーを探している。そのオーディションに参加したのが、2016年限りでプロのレーシング・ドライバーを引退したオーストラリア出身のマーク・ウェバーだ。

12間のF1参戦で9勝を挙げたウェバーは、ジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェームズ・メイの前で、番組のテストコースを2周走行。まずはポルシェ「911 GT2 RS」に乗り、見事な走りを見せる。ところが、次に乗り換えた「メルセデスAMG GT R」では、なぜかずいぶんゆっくりとしたペースに見えた。

クラークソンが「メルセデスでの走りが、なぜそんなに遅いのか」と尋ねると、ウェバーは「いやいや、あのクルマではあれが精いっぱいだった」と返答する。

F1を引退したウェバーが昨年まで在籍していたのはポルシェのワークス・チームで、2015年には世界耐久選手権で年間チャンピオンに輝き、ル・マン24時間レースでも総合2位に入賞。現在も彼はポルシェのブランド・アンバサダーを務めている。一方、F1に参戦する前の1998年と1999年に、ウェバーはAMGチームからメルセデスのマシンでレースを戦っており、1999年のル・マンではフリー走行の際に乗っていたメルセデス・ベンツ CLRが宙を舞う大事故に遭っている。その原因はマシンの空力設計に欠陥があったためとされている。ウェバーは奇跡的に無傷だった。

これがいつものような番組の冗談なのか、それともウェバーが本当に昔のトラウマによってオーディションを失敗してしまったのか、現時点では分からない。12月8日に配信が始まる『グランド・ツアー』シーズン2を観て確認しよう。



By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連ギャラリー
Related Gallery:2018 Porsche 911 GT2 RS: First Drive

Related Gallery:2018 Porsche 911 GT2 RS

Related Gallery:2018 Mercedes-AMG GT R


■関連記事
・【ビデオ】マーク・ウェバーが、ポルシェ「918スパイダー」でシャラポワとドライブ!
・【ビデオ】マーク・ウェバーを起用して、運転中のメールがいかに危険かを伝えるポルシェの広告
・【ビデオ】自動車番組『グランド・ツアー』シーズン2ではアルファ ロメオを真っ二つにして走らせる!?

■関連動画