Related Gallery:1967 Chevrolet C/10 Short Box 2WD Concept: SEMA

2018年はシボレーにとって重要な年だ。同ブランドの柱でもあるシボレー・トラックスが100周年を迎えるのだ。これを記念して、シボレーはこれまで製造された中でも最も象徴的なピックアップの1つ、1967年型「C10」のカスタム・モデルを今年のSEMAショーで公開した。


ベースとなったC10は標準のロングベッド・モデルだが、クラシックなプロポーションを再現するため、フレームと荷台は短く切り詰められている。大型のリア・ウィンドウは稀少な当時のオプションだ。サスペンションはオリジナルのフロントアームを加工した上で、特製のスプリングを用いてローダウン。そこに装着された20インチ・ホイールは、フロント255/40R20、リア295/40R20サイズのタイヤがフェンダーに擦ったり隠れたりしない程度の絶妙なスタンスだ。4輪ともディスク・ブレーキに変更されている。スムージング加工を施したバンパーは、ボディと同色の"センテニアル(100周年)ブルー"でペイント。光沢のある塗装とブラッシュ仕上げのクロームとのマッチングが素晴らしい。100周年記念モデルの「シルバラード」や「コロラド」と同様に、フロント中央にはシボレーのロゴ入りボウタイのバッジが付けられている。


ボンネットの下には、シボレー・パフォーマンスがクレート(箱入り)エンジンとして販売しているスモール・ブロックの5.7リッターV型8気筒「ZZ6」エンジンを搭載。最高出力405hpと最大トルク59.3kgmを発揮する。これにシボレー・パフォーマンスのコネクト・アンド・クルーズ・パワートレイン・システムを採用した「4L65-E」電子制御4速オートマチック・トランスミッションを組み合わせている。コネクト・アンド・クルーズ・パワートレイン・システムは、旧いクルマにクレート・エンジンとトランスミッションに完全に適合させるためのもので、エンジンやトランスミッションのコントローラーをはじめ、ハーネスなど搭載するために必要なキットが揃う。米国カリフォルニア州の排ガス規制に適応する「E-ROD」仕様のエンジンも販売されており、ロング・ブロック、ショート・ブロックの各種エンジンに、マニュアル、オートマチックのトランスミッションなど、全部で60以上の組み合わせが可能だという。

SEMAショーの会場にはシボレー・パフォーマンスが販売する様々なクレート・エンジンやコンポーネントが展示されていた。ちなみに、このC10に搭載されているZZ6のクレート・エンジンは6,999ドル(約78万円)、4L65-Eトランスミッションは3,928ドル(約44万円)という価格で購入できる。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:1967 Chevrolet C/10 Short Box 2WD Concept: SEMA

Related Gallery:1967 C10 Centennial SEMA Truck


■関連記事
【ビデオ】ジェイ・レノが、レストモッドされた1967年型シボレー「C10」に試乗!

■関連動画