デヴェル・モーターズ、6人乗り6輪駆動のSUV「デヴェル シックスティ」をドバイ国際モーターショーで公開!
先日、デヴェル・モーターズ社がドバイ国際モーターショーで公開した最高速度500km/hを謳う野心的なハイパーカー「デヴェル シックスティーン」についてご紹介した。今回は同社が同じ会場で発表した、名前は似ているけれどコンセプトは全く異なるもう1台の新型プロトタイプ「デヴェル シックスティ」をご紹介しよう。

Devel Sixty, 6 seats - CTIS - Independent Suspension - Portal Axels - 6x6 - 1 year to delivery, $450,000

Devel Sixteen Prototypeさん(@devel_sixteen)がシェアした投稿 -

「『デヴェル シックスティ』6人乗り、CTIS、独立懸架、ポータルアクスル、6輪駆動、納車1年後、45万ドル(約5,000万円)」

もちろん、こちらのクルマも普通ではない。ブラック塗装が光沢を放つシックスティは、映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』から飛び出て来たような戦車のような外観で、威圧的な「民生用6輪駆動戦闘車両」だ。巨大な"人食い"タイヤ、剣歯虎のようなグリル、全輪独立懸架サスペンション、ポータルアクスル、そして6つのシートを装備。サハラ砂漠でお供の人たちと"襲撃ごっこ"をやるのに最適だ。

だが、今のところシックスティの情報はほとんど公開されていない。デヴェル社のサイトには"間もなく公開"としか記載されておらず、インスタグラムに前述の内容が発表されているだけだ。スーパーカーのビデオ・ブログを公開しているShmee氏が同モーターショーを訪れ、下のビデオ(5分56秒あたり)でこの野獣について紹介している。彼は、シックスティのパッセンジャードアはドライバー側にあり、ドアはプライベートジェットのように開き、格納式の階段が装備されているとレポートしている。フードの下には、6.7リッターV8ターボディーゼル・エンジンが搭載され、最高出力720hp、最大トルク101.8kgmを発生するという。



このモンスターは本当に販売されるのだろうか? 参考までに、デヴェルによると、今すぐオーダー可能で、納車は1年後、そして価格は45万ドル(約5,000万円)とのことだ。このクルマは、力強くて奇妙なヘネシー「VelociRaptor 6x6」メルセデス・ベンツ「G63 AMG」と共に、賑わいを見せる6x6セグメントに加わることになる。

「皆さん、デヴェル シックスティをご紹介します。一般向け6輪駆動戦闘車、今すぐオーダー可能、新設した当社のウェブサイトをご覧ください」


By SVEN GUSTAFSON
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
・【ビデオ】5000馬力のハイパーカー「デヴェル シックスティーン」最終試作車がドバイ国際モーターショーに登場! 発売は1年〜1年半後
・【SEMA2017】ヘネシーがフォード「F-150 ラプター」を6輪駆動で600馬力にチューンした「VelociRaptor 6x6」を公開!
・【ビデオ】メルセデスの6輪Gクラスの全容が明らかに!

■関連動画