【SEMA2017】あなたのビンテージカーも707馬力に! MOPARがヘルキャットV8エンジン単体と換装用キットを発売
Related Gallery:Dodge Hellcrate Engine: SEMA 2017

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の純正パーツ・ブランドであるMOPARは、今年のSEMAショーで「Hellcrate(ヘルクレート)」と呼ばれる6.2リッターV8スーパーチャージド HEMI エンジンと搭載用キットの発売を発表した。これは名前が表す通り、"ヘルキャット"の"クレート(箱入り)"エンジン。つまり、ダッジ「チャレンジャーチャージャー SRT ヘルキャット」に搭載されている707馬力の「ヘルキャット」エンジンを単体で、しかも搭載に必要なパーツをセットにしたキットと合わせて販売するというもの。エンスージアストたちは自分が所有するビンテージのマッスルカーに、このエンジンを比較的手軽に搭載してパワーアップさせることが可能になる。


エンジン単体とエンジン・キットは別売りで、エンジン・キットにはパワートレイン・コントロール・モジュール、パワー・ディストリビューション・センター、ワイヤーハーネス、シャシーハーネス、アクセルペダル、グランド・ジャンパー、O2センサー、吸気温度センサー、フューエル・ポンプ・コントロール・モジュールが含まれる。PCM(パワートレイン・コントロール・モジュール)は、メーカー出荷状態で最高出力707hp、最大トルク89.9kgmが使えるように設定されている。このキットとエンジンは、そのまま搭載すれば使用可能な状態で出荷され、箱には特別にデザインされた"Hellcrate"のロゴが描かれている。詳細なスペックシートと、搭載するための手順やコツを記した説明書も付属する。

Related Gallery:Hellcrate Engine Kit

また、MOPARはこのエンジン換装の手間を軽減するために、補機類をセットにした「フロント・エンド・アクセサリー・ドライブ・キット」もオプションで用意するという。これにはオルタネーター、パワーステアリング・ポンプ、ベルト類、プーリー等が含まれる。

価格は、ヘルクレート・エンジン単体が1万9,530ドル(約220万円)、エンジン・キットは2,195ドル(約25万円)。アクセサリー・ドライブ・キットの価格は発表されていない。エンジンとエンジン・キットを両方購入すると、走行距離無制限の3年間保証が付く。MOPAR HEMI Crateのウェブサイトでは現在、オーダーを受付中だ。

ただし、このキットは1976年以前に製造されたクルマとマニュアル・トランスミッション用となっているため、1997年型クライスラー「セブリング」の遅さに手を焼いているオーナーには気の毒だが役に立ちそうもない。


SEMAの会場には、このエンジン・キットを使用して707馬力に改造された数台のビンテージカー(後ほどご紹介しよう)や、FCAの様々なブランド向けに用意されたアクセサリー、チューニング・パーツなども多数展示されていた。1937年に不凍液のブランドとして誕生したMOPARは、長い年月をかけて大きく成長したのだ。


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Dodge Hellcrate Engine: SEMA 2017

Related Gallery:Hellcrate Engine Kit


■関連記事
・マッスルカー「ヘルキャットV8」を誕生させたのは、エンジニアたちの情熱
・【ビデオ】ダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」の最高出力が707hpと判明!
・【ビデオ】ダッジ「チャージャー SRT ヘルキャット」が最高速度テストで約329km/hを記録!

■関連動画