【ビデオ】米国のスタートアップが開発した電動ハイパーカー「タキオン・スピード」は1,250馬力、最高速度386km/h以上!
Related Gallery:RAESR Tachyon Speed

1,250馬力というパワーについて、皆さんはどう思われるだろうか。米国カリフォルニア州の自動車関連スタートアップ、RAESR(Rice Advanced Engineering)が開発した電動ハイパーカーのプロトタイプ「タキオン・スピード」は、6基の電気モーターを搭載し、合計最高出力1250hp以上、最大トルク504.6kgmを発生するという(訳注:タキオンとは、光速を超える速さで動く仮想的な粒子のこと)。

クロモリ製パイプフレームにカーボンファイバー製ボディを載せ、キャノピー型コクピットを持つタキオン・スピードは0-60mph(約96.6km/h)を3秒以内、0-120mph(約193.1km/h)を7秒以内で加速し、1/4マイル(約402m)まで10秒以下、最高速度は240mph(約386km/h)を超えるという。市街地走行における航続距離は150マイル(約241km)以上と発表されている。

一方、高速走行時にはダウンフォースが重要になるが、乾燥重量1,338kgの同車は「ロー」モードで181kg、「ハイ」モードで453kg以上のダウンフォースを発生するとのことだ。

タキオン・スピードは今回、欧州のエネルギー会社エーオン(E.ON)のキャンペーン「Freedom is Electric」用に制作されたビデオに登場。同じく集結した世界最速の電動モンスタートラック「Bigfoot #20」、電動スーパーバイク、電動化されたポルシェ「356」やフォルクスワーゲン「ビートル」と共に、エーオンが電気自動車社会に向けて整備を目指す新しい急速充電ネットワークを宣伝している。以下の動画をチェックしていただきたい。





By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー