【東京モーターショー2017】輸入電動車が広まるか!? ようやくVW「e-ゴルフ」「ゴルフGTE」などの電動車が日本に登場!!
Related Gallery:TMS2017 VW02

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、東京モーターショー2017に、電動化モデルとして、10月19日から受注を開始した電気自動車(EV)の「e‐ゴルフ」とマイナーチェンジして登場したプラグインハイブリッド車(PHV)の「ゴルフGTE」を日本初公開した。

フォルクスワーゲンとしては、先に投入された「パサートGTE」、「パサート ヴァリアントGTE」と合わせて電動化モデルは4車種をラインナップしたことになる。


日本では、トヨタ「プリウス」やホンダ「アコード」、三菱「アウトランダー」などのPHVがあるが、台数ベースではまだ、ハイブリッド車が主流だ。フォルクスワーゲンがハイブリッドではなくPHVのラインナップを拡充したことで、どのような顧客を捉えるのか注目したい。

また、パサートには、2018年に新たに2Lのクリーンディーゼルの投入も予定されている。

本来、一番の売れ筋モデルの「ゴルフ」からクリーンディーゼルのような新しいパワートレインを日本市場に投入すべきではと思っていたが、クリーンディーゼルは、今回公開されたパサートからの投入とのことで、その理由を広報部の安達氏にお話を伺った。

パサートから先行してクリーンディーゼルモデルを導入する理由は、日本仕様として投入を検討し始めたタイミングでモデルチェンジが行われたということ。他のモデルも本国でモデルチェンジが完了した後に随時日本への展開が検討されるとのことであった。

ただし、ゴルフへのクリーンディーゼルの投入は、現時点では未定とのことなので、すぐにクリーンディーゼルのラインナップの拡充はなさそうだ。


プラグインハイブリッドのGTEグレードは、エコなイメージのブルーカラーが、フロントグリル、サイドエンブレム、ブレーキキャリパーなどに施されており、外観からすぐにわかるようになっている。


パサートGTEの充電プラグはグリル内のカバーを開けて、給電口にさすことが出来る。家庭用の200Vが使える。


こちらはゴルフGTEのフロントフェイス。フロントエンブレムを開けると、200Vの普通充電の給電口が備わっている。


e-ゴルフの場合は、給油口のようにサイドのリッド内に給電口が設置されている。こちらは街中の急速充電器に対応するチャデモ規格のもの。プラグが大きいためにこの位置に設定されていると思われる。

ちなみに、欧州で採用されているコンボ規格の給電口の場合もこの位置に設定されているとのことだ。ただ、コンボ規格の場合は、普通充電も急速充電も同じ給電口で出来るので、ここ1か所しか給電口はない。


日本の場合は、普通充電用の給電口を別に用意する必要があるため、苦肉の策!?でゴルフGTEと同様に、フロントグリルのエンブレム内に200Vの普通充電に対応した給電口が設けられている。

このようなことは、コンボ規格を採用する欧州メーカーにとっては、チャデモ規格と統一しなかったデメリットとなっており、今後とも、欧州車メーカーが日本へEVを導入する際にも、同様な問題が発生する。そのため、本国でEVが発売されてもすぐに日本向けにEVを投入するのは難しいだろう。

これは、ある意味チャデモ規格を作った日本メーカーが、海外メーカーに参入しづらくする点で思惑通りだが、残念ながら日本メーカーにそれほど急速充電ができるEVがないので、その作戦の効果は出ていない。

コンチネンタルのブースでは、チャデモとコンボと200Vの普通充電の3つの給電に対応できるコネクターを搭載した充電スタンドも出展されていたので、それらが普及していけば、充電コネクター問題はそれほど大きい問題にならないかもしれない。


実は、このe-ゴルフのグリルはゴルフGTEのものを流用した日本独自のものとのこと。本来欧州では、e-ゴルフ専用のグリルとなっているが、日本では、普通充電の給電口をグリルに備える必要があり、ゴルフGTEのグリルをベースにバッジ替えをしてe-ゴルフに装着しているとのことだ。


e-ゴルフは価格的には499万円となり、ゴルフGTE(469万円)よりも高価格となるが、GTEに採用されているブルーのキャリパーなども備えておらず、またインテリアもゴルフGTEの方が装備がよかったりもする。

このちぐはぐな点を伺ったところ、ゴルフGTEは、スポーティーグレードのGTIをベースとしており、走りを楽しむモデルに仕上げられている。一方、e-ゴルフはコンフォートラインをベースにしており、EVというエコロジーを重視しているため、パドルシフトなども装備されていないとのことであった。

プラグインハイブリッドとEVとの価格差が30万円というだけではなく、走りや装備の差なども選ぶ際のチェックポイントになりそうだ。

日産や三菱では、ディーラーで急速充電スタンドを設置するなど、EVへの対応が進んでいるが、フォルクスワーゲンでは、普通充電の対応はできるものの、急速充電への対応は検討中とのこと。

いよいよ、主力モデルのゴルフに電動化モデルが拡充投入されたことで、フォルクスワーゲンとして一気に電動化が広まる可能性も高まってきたように感じる。本格的にEVを日本で売るということであれば、ディーラーでの急速充電スタンドの設置も期待したい。

フォルクスワーゲン 公式サイト
http://volkswagen.co.jp/