マツダ、「ロードスター」の質感・快適性・安全性を向上 特別仕様車「RED TOP」も登場
Related Gallery:Mazda Roadster RED TOP

マツダのオープントップ2シーター「ロードスター」および「ロードスターRF」に、走りの質感や快適性、安全性を高める細かな改良が施された。同時に「RED TOP」と呼ばれる特別仕様車も登場。いずれも現在予約を受付中で、12月14日に発売となる。

4代目ロードスターでは初めてとなる今回の改良では、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」搭載車に、状況に応じて自動的に照射を制御するアダプティブ・LED・ヘッドライトを新採用。夜間ドライブの安全性が高まった。ブラインド・スポット・モニタリング&リア・クロス・トラフィック・アラートや車線逸脱警報システムと共に、モデルによって標準装備またはセット・オプションとして提供される。

また、これからの季節に嬉しいシートヒーターが布シートにも設定されたほか、リアコンソールボックス内部床面に遮音マットを追加することで小物類の転がり音を低減したり、サンバイザーに表皮巻タイプを設定するなど、車内の快適性や質感も高められている。

さらにソフトトップ・モデルのロードスターは、リア・サスペンションと電動パワーステアリングの制御にチューニングを施し、走りの質が向上したという。タコメーターは文字印刷やLEDの発光が改善され、主に昼間走行時の視認性が高まった。

ボディ・カラーも見直され、従来の「ソウルレッドプレミアムメタリック」が「ソウルレッドクリスタルメタリック」に、「クリスタルホワイトパールマイカ」が「スノーフレイクホワイトパールマイカ」に、そして「ブルーリフレックスマイカ」が「エターナルブルーマイカ」に置き換わった。また、RFと共に新登場した「マシーングレープレミアムメタリック」が、ソフトトップのロードスターにも「メテオグレーマイカ」に替わって採用されている。


東京モーターショーで先行展示された特別仕様車「RED TOP」は、名前の通りダークチェリー色のソフトトップが特徴。これに合わせて、ナッパレザー・シートを装備するインテリアにも(RF VSと同じ)オーバーンと呼ばれる赤褐色が採用され、ドア・ミラーは通常のブラックからボディ同色に変更。16インチ・アルミホイールには高輝度塗装が施される。ただし、ボディ・カラーはソウルレッドクリスタルメタリックを除く他の6色から選ばなければならない。消費税込み価格は「S Leather Package」と同じ、6速MTが304万5,600円、6速ATは315万3,600円。注目受付は2018年3月31日までの期間限定となる。


ND型ロードスターにも、今後は様々なカラーリングを纏った特別仕様車が続々登場すると思われる。ひょっとしたら、さらに貴方好みのロードスターが現れる可能性もないわけではないが、もし購入を考えているのであれば、1日でも早く手に入れて、1日でも多くその走りを楽しまれるようにお勧めしたい。東京モーターショーで実車を見た印象から申し上げれば、RED TOPの幌と内装は、ロードスターに(ルーフを開けても閉じても)大人びた華やかさと色気を加味するように思えた。マシーングレープレミアムメタリックに限らず、おそらくホワイト系やブラックのボディにも良く似合うだろう。東京モーターショーで見逃した方は、現在マツダR&Dセンター横浜 1Fロビーとマツダブランドスペース大阪で、実車をご覧になることができる(2018年3月31日まで)。


■関連リンク
マツダR&Dセンター横浜
神奈川県横浜市神奈川区守屋町2丁目5
http://www.mazda.com/ja/about/profile/access/rd-yokohama/

マツダブランドスペース大阪
大阪府大阪市北区大淀中1丁目1-88梅田スカイビルタワーイースト1階
http://www.mazda.co.jp/bsosaka/shop/

Related Gallery:Mazda Roadster RED TOP


■関連記事
・【試乗記】新型「マツダ ロードスター」 全てが自然で爽快な、これぞ"ザ・ロードスター"
・マツダ、4代目となる新型「ロードスター」を初公開! エンジニアの方にお話を聞いて来た

■関連動画