発表を控えた新型シボレー「コルベット ZR1」の姿が、自動車雑誌の表紙で明らかに!
米国の自動車雑誌『Car and Driver』最新号の表紙に、まだ発表されていないシボレーの新型「コルベット ZR1」が掲載されていることが分かった。11月8日に購読者に送られた予告画像を見ると、ウイングを付けた新しいコルベットの最強モデルが同誌12月号の表紙を飾っているのだ。

この表紙に掲載された情報によれば、新型ZR1は最高出力750hpを発生するらしい。各種ウィングなどのエアロパーツも確認できる。正直なところ「コルベット Z06」はエアロパーツが加わることで退屈な外観になってしまったが、それとは対照的なクールさだ。

コルベットのファン・サイト『Corvette Forum』に掲載された同誌の内容によれば、6.2リッターV型8気筒「LT5」エンジンは、ポート噴射と直接噴射を使い分ける新しい燃料噴射装置や、「Z06」より52%も大容量のイートン製スーパーチャージャーを備え、最高出力750hpと最大トルク94.0kgmを発生。0-60mph(約96.6km/h)を3.0秒以内で加速し、最高速度は210mph(約338km/h)を超えるという。表紙画像でも見られるボンネットの露出したカーボンファイバー部分はインタークーラー・カバーのようだ。気になる価格は約12万ドル(約1,366万円)からと予想されている。

なお、新型ZR1についてはシボレーも8日に以下のティーザー動画を公開した。12日(日)に開催されるコルベットのイベントを予告するものだ。この映像から得られる情報は少ないが、エアロパーツのクローズアップや短いエンジン音を確認することができる。週末の続報にご期待いただきたい。


By REESE COUNTS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連動画