【ビデオ】電動から足動や手動まで、3サイズの小さな「マクラーレン P1」が発売!
Related Gallery:McLaren P1 Toy Cars

マクラーレンは、ハイパーカー「P1」の5周年を"小さく"祝うことにしたようだ。同社は"代替燃料車"と大げさに掲げながら、3歳以下のドライバーを対象にした「P1 foot-to-floor edition(足蹴り版)」を発表した。つまり、このクルマは1馬力ならぬ1小人力で駆動するということだ。「0-200m/h加速はビスケット次第」とプレスリリースには記されている。価格は35.99ポンド(約5,400円)。「This Is It」のオンラインストアで12月中に先行発売され、クリスマスに合わせて発送される予定だ。


さらには電気自動車版のマクラーレン P1も発表されている。ただし、こちらは3歳から6歳のドライバー向けで、停止状態から最高速度(約4.8km/h)まで、わずか2秒で加速できる。MP3プレイヤーとスピーカーも装備。マクラーレンのディーラーや一部の玩具店で販売されており、価格は375ポンド(約5万6,000円)だ。

実車のマクラーレン P1は限定生産数375台が全て完売してしまったため、お父さんとお母さんのためにはテクノモデル製のミニカーが発売されることになった。1/18スケールで価格は345ポンド(約5万2,000円)。テクノモデルのウェブサイトで購入できる。


マクラーレンは、この他にもP1の公認商品を多数用意している。ダイキャスト製モデルがオートアート、TSM、京商、モーターマックス、キンスマート、ホットウィールから、レジン製モデルがアマルガム、TSM、テクノモデルから、ラジオコントロールカーがニューブライト、ラスター、マイストから、そしてスロットカーがスケーレックストリックから販売されており、さらにエアフィックス製プラモデル「クイックビルド」シリーズや、レゴの「スピード・チャンピオン」なら、自分の手でP1を組み立てることも可能だ。




By GREG RASA
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:McLaren P1 Toy Cars


■関連動画