ランボルギーニ、将来の方向性を示す電動スーパーカーのコンセプト「テルツォ・ミッレニオ」を発表!
Related Gallery:Lamborghini Terzo Millennio

ランボルギーニは慣習に囚われないスーパーカー・メーカーだ。フェルッチオ・ランボルギーニがエンツォ・フェラーリに改善点を提案したところ受け入れられず、自らが思う完璧なクルマを求めて会社を設立して以来、ランボルギーニは独自の道を歩んできた。マサチューセッツ工科大学(MIT)とのコラボレーションによって製作された「テルツォ・ミッレニオ」(英語で"third millenium":第3千年紀)と呼ばれるこのクルマは、そんなランボルギーニらしい電動スーパーカーというものに対するアプローチが見て取れる。まず、このクルマが一目瞭然でランボルギーニと分かること。コンセプトカーならではの奔放な部分を別にすれば、これはイタリア・サンターガタで生まれたクルマ(一部は明らかにマサチューセッツ州ケンブリッジ製だが)以外の何物でもない。


MITが関わっていることからも察しがつくように、テルツォ・ミッレニオには最先端のテクノロジーがいくつも活用されているという。中でも特筆すべきは、エネルギーを蓄積する技術、スーパーキャパシタだ。スーパーキャパシタは非常に高額で、エネルギー密度が低いため、まだ一般的ではないものの、最近は少数のニッチな自動車産業で使用されている。しかしランボルギーニとMITは、急速に充放電できる優れた性能を持つメイン・バッテリーとして採用したいと考えているようだ。確かに、強大で爆発的な加速を実現するためには最適な方法かもしれない。もし両者が技術的な突破口を開くことができれば、これまで頑なに過給器も電動モーターも使用せずにきたランボルギーニを、ランボルギーニらしい未来へと飛躍させることが可能になるだろう。


ランボルギーニはまた、ナノテクノロジーを活用したカーボン・コンポジット製のバッテリーを開発中で、同社によるとバッテリー重量を軽減しながら放電能力を向上させることができるという。これはつまり、テルツォ・ミッレニオのドライブトレインには2つの電力を蓄積するテクノロジーが混在することを意味する。

駆動方式はもちろん、現代のランボルギーニで多くのモデルに採用されている4輪駆動だが、従来の機械的な駆動方式ではなく、4つの車輪にそれぞれ電気モーターを搭載するインホイール式となっている。軽量化や純粋なドライビングの歓びをさらに追求したバージョンでは、前輪のモーターを無くすことも十分に考えられる。とはいえ、おそろくインホイール・モーターは将来的に主流になるだろう。現時点では4輪駆動という以上のことは分からない。


ボディはカーボンファイバー製で、カーボンファイバー構造の破損やダメージを検知し自己修復機能を持つことを目的としたエネルギーが蓄積されたカーボン・コンポジット製の素材を用いた「マイクロ・チャンネル」と呼ばれるテクノロジーが採用されているという。このテクノロジーに関しては、新しい情報が手に入り次第、詳しくお伝えさせていただきたいと思う。

ランボルギーニは、テルツォ・ミッレニオのようなクルマにもランボルギーニらしい音を響かせたいと考えているようだ。しかしV12やV10エンジンが搭載される訳ではないため、簡単なことではないだろう。はっきり言えば、同社はまだこの難問の解答を見つけ出したわけではなさそうだ。現状では、どのようなサウンドが最適であるか、「深い研究が求められる」と述べるに留まっている。難しい研究に取り組んでいるエンジニアは多忙を極めているに違いない。


ところで、我々はこのテルツォ・ミッレニオが路上を走る姿を見ることはあるのだろうか? おそらくないだろう。これはランボルギーニが向かう未来の方向性を示した純然たるコンセプトに過ぎない。だが、少なくとも、サンターガタの経営陣が内燃機関の次に来るパワートレインの技術に対し、どのような方向で取り組むことを目指しているのかは知ることができた。


By Alex Kierstein
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Lamborghini Terzo Millennio


■関連動画