【東京モーターショー2017】二輪車メーカーからも注目の展示車両をご紹介!(スズキ&カワサキ・輸入車編)
国際モーターショーとしては珍しく、東京モーターショーには四輪車のほかにバイクの発表・展示もある。前編ではホンダヤマハを紹介したが、後編では国内4大メーカーの続きとしてスズキカワサキ、そして海外勢のバイクを紹介して行く。


Related Gallery:Suzuki 2 Wheels: Tokyo Motor Show 2017

スズキ
スズキの展示は四輪が中心で、バイクの展示台数はそれほど多くはなかったが、それでも東京モーターショーに合せてワールドプレミア2台、ジャパンプレミア1台を用意していた。

ワールドプレミアの1台目は市販ミドルクラスの「SV650」をカフェレーサーに仕立てた「SV650X」で、スズキの誇る最新バイク技術を車体やエンジンに用いつつ、「ネオレトロ」と呼ばれる外観にまとめたところに特徴がある。昨年のモーターサイクルショーで発表された「SV650ラリーコンセプト」を進化させた趣がある。


もう1台のワールドプレミアは、通勤・通学に人気の125ccスクーターのニューフェイス「Swish」だ。新型が登場したばかりの「アドレスV125」に比べると、上質感に溢れたスタイリッシュなデザインを採用していることが特徴で、ポジションランプとテールランプにLEDを採用し、燃料タンクをフロアタンクの下にマウントしたことで大容量の収納スペースを確保している。搭載されるエンジンは新開発の空冷124ccとなる。


そして、ジャパンプレミアとなるのが「GSX-R125」だ。昨年、ドイツのインターモトで発表されたGSXシリーズの末弟に当たるモデルで、拡大する中国やインド、東南アジア市場での販売を視野に入れて開発されたスポーツバイクだ。エンジンは水冷単気筒DOHCで、多機能フル液晶メーター、キーレスイグニッションシステム、デュアルエキゾーストマフラーなどを備える。


ほかにスズキブースでは燃料電池を搭載した「バーグマン・フューエルセル」も展示されていた。スズキは同車の車両型式等認定を受けて公道テストを繰り返しており、ショー開催期間中は会場で試乗も可能だった。ただし、まだ技術的なデモンストレーターとしての意味合いが強く、市販に当たっては技術的な課題やコストの問題(展示車は高級車1台分はするらしい)をクリアしなければならず、当分は販売予定がないようである。


Related Gallery:Kawasaki: Tokyo Motor Show 2017

カワサキ
カワサキはコンセプトモデルの発表こそなかったものの、ワールドプレミア3台を発表した。

その中でもブースでひと際目を引いたのが、往年のZシリーズの血統を色濃く受け継いだネイキッドスポーツの「Z900RS」だ。現在でも高い人気を誇る「Z1」からインスピレーションを受けたというデザインは、ティアドロップフューエルタンクやエンジンカバーをはじめ、テールカウル、ホイール、ボルト類に至るまで随所に「漢カワサキ」のこだわりが盛り込まれている。展示車には伝統の「火の玉カラー」がちゃんと用意されているところもファンには涙ものだろう。

エンジンはカワサキ伝統の並列4気筒を搭載し、エンジンカバーはすべてアルミダイキャスト製で高級感を演出。また、サスペンションは倒立フロントフォークとホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションを装備し、高いスポーツ性と快適性を獲得している。発売開始は今年の12月1日から。


そして、中型スポーツバイクで不動の人気を誇る「Ninjya 400」と「Ninjya 250」がエンジン・フレームを完全新設計のニューモデルとして発表された。これまでNinjya 400は650ccモデルの基本構造を流用していたが、今回発表された新型は250ccクラスと共通の設計を採用しており、400/250ともに軽量・小型の車体による痛快な走りが楽しめるマシンとなっている。

従来モデルと同じく水冷4スト並列2気筒であることに変わりはないが、新開発のエンジンは吸排気系の見直しにより400は1ps増の45ps、250は8ps増の39psとなった。

デザインはよりアグレッシブなものとなっており、フロントカウルの下からサイドカバーを通り、テールセクションへと駆け上がるラインがカワサキらしく、斬新かつスポーティな印象を受ける。400/250ともにLEDヘッドランプや液晶パネル付きメーターなど、装備もグレードアップさせたことで商品性も向上している。こちらは2018年に発売予定だ。



このほかにもブース内には「Ninjya H2 CARBON」や「Ninjya 1000」「Ninjya 650」「Z650」などのスポーツバイクが展示されていた。



ハーレーダビッドソン
日本でも人気のハーレーダビッドソンは、「トライグライド・ウルトラ」「トライグライド・ウルトラ・アニバーサリーV」「フリーウィラー」などのトライク4台を出品した。


トライクとは前1輪・後2輪の3輪オートバイで、操作は基本的にバイクと同じだが、必要になるのは二輪免許ではなく普通自動車(MT)免許となる。日本では馴染みが薄く、台数的にもそれほど売れている車種ではないが、体力的に大型バイクの運転が難しくなったシニア層や個性的な乗り物を求めるヤング層に遡及力があるとしてトライクのみの出品に踏み切ったものと思われる。



BMWモトラッド
BMWモトラッドは普通自動二輪免許で運転できる新型「G310GS」、航続距離160km・最高速度129km/hという高性能を誇る電動プレミアムマキシスクーター(ビッグスクーター)の「BMW C evolution」、クルーザータイプの「K 1600 B」、1980年に登場したオフロードバイクの「R80G/S」をトリビュートし、クラシカルなルックスを与えた「R nine T Urban G/S」を出展した。


BRP
カナダのBRP(ボンバルディア・レクリエーション・プロダクツ)は、もともと航空機製造で有名なボンバルディア社のグループ企業で、スノーモービルや水上バイク、全地形対応車を製造しているメーカーだ。


Can-Am」はそんな同社が製造・販売するスリーホイラーのブランド名で、今回のショーには115psを発揮するロータックス製の1,330cc直3エンジンを搭載した「Can-Am Spyder F3-S」と、同じエンジンを積むツーリングモデルの「Spyder RT Limited」を出展した。

Related Gallery:Import Motorcycles: Tokyo Motor Show 2017


■関連記事
【東京モーターショー2017】二輪車メーカーからも注目の展示車両をご紹介!(ホンダ&ヤマハ編)