【ビデオ】ケーニグセグ「アゲーラRS」が閉鎖した高速道路で最高速度記録に挑戦、447.2km/hを記録!
Related Gallery:Koenigsegg Agera RS: Geneva 2015

最高速度記録に挑んだケーニグセグアゲーラ RS」が、277.9mph(約447.2km/h)という記録を達成した。これはギネス記録の規定通り、同じ路面を異なる方向から2度走行し、1回目の走行で271.2mph(約436.4km/h)、さらに2回目の走行で284.3mph(約457.5km/h)を記録した平均の数値を採ったもの。計測はVBOXで行われ、その数字が速度記録を証明している。ステアリングを握ったのはケーニグセグでファクトリー・ドライバーを務めているNiklas Lilja選手だ。


米国の自動車メディア『Jalopnik』によれば、ケーニグセグは一般に販売されているミシュラン製「パイロット・スポーツ・カップ2」タイヤを装着しており、ミシュランの代表者がこの高速走行を側で見届けたという。

11マイル(約17.7km)のハイウェイが先週末、ケーニグセグによる最高速度記録挑戦の舞台となった。地元紙『Las Vegas Review-Journal』によると、ネバダ運輸省がこのスウェーデンの自動車メーカーに特別許可を与え、ベガスとパーランプをつなぐ長い直線の州道160号線を閉鎖。このイベントはスプリング・マウンテン・モーターリゾート&カントリークラブの主催で行われ、どうやら1年以上も前から計画を進めてきたようだ。

同紙記者のTwitterによると、アゲーラRSは非公式ではあるが、すでに291mph(約468km/h)もの速度を記録したことがあるという。それが事実なら、2010年にブガッティが樹立した268mph(約431.3km/h)という現在の最高速度記録を容易に塗り替えてしまうことになる。そう、ケーニグセグは「シロン」の0-400-0km/h記録を5.52秒も上回る36.44秒という圧倒的な記録で破り、常にブガッティの一段階上を行っているのだ。

報道によれば、使用されたケーニグセグのアゲーラ RSは、ファクトリーで1メガワットにアップグレードされており、最高出力1,360psと最大トルク139.8kgmで後輪を駆動するという。正式に世界最速を名乗るためには、ギネス認定の公式記録の発表を待たなければならないが、それも時間の問題だろう。




By JEREMY KORZENIEWSKI
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
・【ビデオ】ケーニグセグ「アゲーラ RS」、0-400-0km/hの世界最速記録を更新! ブガッティ「シロン」を破る!
・ケーニグセグ、生産台数わずか3台の「アゲーラRSR」を全て日本で販売
・ケーニグセグ、「アゲーラRS」のエンジンについて詳細をブログで語る

■関連動画