Related Gallery:TMS2017 Lamp

車載用AV機器などを手掛ける パイオニアは、東京モーターショー2017に、有機ELを立体的に配置した新タイプのテールランプを出展した。

パイオニアと言えば、音響機器やカーナビなどが有名で、ランプやバルブなどを手掛けているということは聞いたことがなかったが、担当者に伺ったところ、同社にはプラズマテレビの技術があり、その有機ELの技術を用いて、今回の出展となったとのこと。

なお、フレキシブル有機EL照明パネルの開発は、2017年6月1日に発足した、コニカミノルタとパイオニアの合弁会社、コニカミノルタ パイオニア OLED株式会社で行なわれているとのことだ。


消灯している時はシルバーの立体的なリフレクターのように見える造形が目新しい。

有機ELはテレビの他、家庭用の照明などでも使われ始めており、有機ELの平面タイプであれば、量産車への展開は既にアウディ TTで行われている。

LEDに対してのメリットとしては、点発光ではなく面発光できれいに均一に面が光ることや、大げさな冷却構造を必要としないことなどがある。

面発光、薄型・軽量で、曲げられるフレキシブルタイプの有機EL照明パネルを使用したテールランプ&ターンシグナルは、従来の照明に比べ、デザインの自由度が広がる注目のアイテムだ。

現在量産モデルへの展開予定はないが、量産車メーカーへアプローチしている段階であるとのことだ。


なお、会場では同様の有機ELを使った立体的な表現のテールランプが、スタンレー電気からも出展されていた。こちらもまだ、コンセプトモデルで研究中であるとのこと。

電球からカラー電球、マルチリフレクター、LED、LEDに光ファイバーを使ったものなど、テールランプには様々なバリエーションが登場し進化しているが、フレキシブルな有機EL照明が使われることで、さらに新しいインパクトのあるリアスタイルが実現するに違いない。

パイオニア 公式サイト
http://pioneer.jp/

■関連記事

【東京モーターショー2015】将来はストップランプがスケスケになる!? パイオニアがコンセプトモデルを出展!!