ジープ、新型「ラングラー」の写真を3枚だけ先行公開! 正式発表はLAオートショーにて
Related Gallery:2018 Jeep Wrangler

これまで色々と推測し、想像してきた新型ジープ「ラングラー」の姿が、遂に明らかになった。ジープがこの新型オフロード車の2ドアと4ドアの写真を、合わせて3枚だけ公開したのだ。ただし、残念ながらそれ以外の画像や詳しい情報については、11月29日に開幕するLAオートショーで正式発表されるまでおあずけとなる。

All-new 2018 Jeep® Wrangler Rubicon
それでもラングラー・ファンは多くの主な特徴が確認できて一安心するだろう。例えば、この新型ジープでオープンになるのはトップだけではない。写真を見れば分かるように、ドアやルーフを取り外すことができ、フロントガラスも可倒式である。

別の注目点としては、給油口にフタが標準で付いたこと(従来のラングラーは給油口にフタがなかった)。ボンネットには昔ながらのフードロックが備わっている。面白いことに、ロールバーはこれまでのラングラーのように車体の端まで伸びていない。このようなデザインになった理由を知ることも興味深い。安全性を考慮したのか、あるいはより分厚く防音性の高まったハードトップと、よりエレガントに低くなったソフトトップの両方(あるいはどちらか)を収容するためかもしれない。

現時点では、まだエンジンやトランスミッション、その他の仕様は不明だ。いずれもLAオートショーで発表される。我々の予想では、最初にV6エンジンがMTまたはATとの組み合わせで発売になり、遅れて4気筒ターボがATのみで投入されるのではないかと見込んでいる。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2018 Jeep Wrangler


■関連記事
・新型「ジープ ラングラー」の取扱説明書が流出! 電動スライディングルーフや4WDオート・モードの採用が明らかに
・次期型ジープ「ラングラー」は11月、「チェロキー」は2018年第1四半期に発表されることが明らかに

■関連動画