【東京モーターショー2017】コンセプトモデルだが反響次第で市販化も!? ダイハツ「DN TREC」がワールドプレミア!!
Related Gallery:Daihatsu DN TREC: Tokyo Motor Show

ダイハツは、東京モーターショー2017に、ワールドプレミアとなるコンセプトカーの「DN TREC」を出展した。"日常と趣味の両立を実現するコンパクトでスタイリッシュなSUV"というコンセプトで作られたコンセプトカーは、今にも量産できそうなリアルな形状で登場した。

以前ご紹介した際には、ダイハツ「ビーゴ」兄弟の後継になるのでは!?と、ご紹介したが実際はどうなのかを開発者に伺ってみた。


まず、"DN"とは何かということだが、これは"DAIHATSU NEWNESS"の略。ダイハツの新世代モデルの提案ということだ。確かに、今までのダイハツのデザインとは違ったフレッシュさが感じられる仕上がりだ。

どうやら、このDNシリーズは、ダイハツが進めている、DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)を具現化していくモデルとなりそうだ。

ちなみに、DNシリーズは軽2台の他、小型車が3台登場し、小型車の方が多いことについては、親会社のトヨタに対し、スバルやマツダがある中でダイハツの存在感が希薄になっている点もあるため、ダイハツの小型車の存在感をPRするうえでも小型車のコンセプトカーの出展に力を入れているという裏事情もあるようだ。


今回採り上げたDN TRECは、エンジンや機構的な訴求ではなく、あくまで、アクティブ、ファン、タフをテーマにした上質でコンパクトなスタイリングが特徴。

その外観は、実際にこの目で確認したが、量産モデルになりそうなぐらいの完成度に見える。そこで、これはこのまま市販化するのかと伺ったところ、担当者としては、量産へ展開したいが、現状はあくまでダイハツの上層部にこのようなクルマを出したいという提案をするために作っている状況なので、まだGOが出ているわけではないとのことであった。

ちなみに、新しいDNのコンセプトから生まれた企画なので、そのままビーゴの後継モデルというわけでもなさそうだ。


ドアを開けて中を見せて頂いたが、コンセプトモデルだけに、やや現実離れした華やかなデザインが施されている。 

もし量産モデルになる場合は、観音扉ではなく、一般的なドア形状になり、シートも一般的なシートになるだろう。


街中でもアウトドアでも使いやすいSUVとのことだが、インテリアは、デジタルで近未来的かつ都会的な印象のデザインが施されており、アウトドア色はない。

現在コンパクトSUVで人気のホンダ「ヴェゼル」もRV的なタフさではなく、都会的な洗練されたデザインが採用され、評価されている部分もあるので、デザインの方向性としては間違いないだろう。

ちなみに各所に施されているレッドのカラーの意味を伺ったところ、レースやスポーツと言った意味ではなく、ダイハツのイメージカラーのレッドを施しているとのことであった。


リアは3人掛けのシートが装備されている。内側から見ると、Cピラーは極太となっているが、外側から見るとガラス窓のようになっている不思議な構造。おそらく、コンセプトモデルだけの仮の構造だからだろう。

シートベルトなども装着されていないので、仮に量産化がGOとなった場合は、リヤシートなども一般的なものに置き換わるに違いない。

パワートレーンは、1200ccハイブリッドと1000ccターボが想定されており、現在のコンパクトSUVでは隙間となっているので、発売すれば人気が出そうだ。

なお、コンセプトムービーの中では、DN TRECが実際に走行しているシーンもあるので、こちらはハリボテではなく、走行できるレベルまで仕上がっているようだ。

モーターショーの反響次第で量産GOとなりそうな雰囲気もあるので、会場で気に入った方はその声を届けてみてはどうだろうか。

ダイハツ 公式サイト
http://www.daihatsu.co.jp/


東京モーターショー2017 イベントレポート:DN TREC ダイハツ公式


東京モーターショー2017 コンセプトムービー ダイハツ公式

Related Gallery:Daihatsu DN TREC: Tokyo Motor Show

Related Gallery:TMS2017 Daihatsu