アストンマーティンとNFLのトム・ブレイディが「ヴァンキッシュS ヴォランテ」の特別限定モデルを発表!
Related Gallery:Aston Martin Vanquish S Tom Brady Signature Edition by Q

"アストンマーティン"といったら、一体誰を思い浮かべるだろうか? 007のジェームズ・ボンド? いや、違う。最近ではアストンマーティンの代名詞的存在と言えば、NFLのニューイングランド・ペイトリオッツのクォーターバック、トム・ブレイディなのである。実際には代名詞とまでいかないが、トム・ブレイディは今年5月からアストンマーティンとパートナーシップを結んでおり、両者が協力して「ヴァンキッシュS ヴォランテ」のカスタムカー「トム・ブレイディ・シグネチャー・エディション」を作り上げた。実際に製作を手掛けるのは、アストンマーティンのカスタマイズ部門「Q by Aston Martin」。生産台数はたったの12台だ。

NFLに詳しくない方のために説明すると、12台という台数は無作為に選ばれているわけではない。これは、トム・ブレイディの背番号「12」に由来する。そしてこの「ヴァンキッシュS」には、"TB12"のロゴがエクステリアのバッジ、そしてシートにエンボス加工されている。もちろん、トム・ブレイディの名前もドアシル・プレートに刻まれている。

Qが特別に手掛けたのは、TB12のバッジだけではない。グリルやフロント・スプリッター、リア・ディフューザーなどエクステリア・パーツにには、大量のカーボンファイバーを惜しみなく使用。ボディの全体は"ウルトラマリン・ブラック"と呼ばれるダークブルーで塗装され、ブラック・レザーのインテリアがこのカラーリングを引き立てる。センター・コンソールのダイヤルも周囲がブルーになり、シフトパドルには"カリフォルニア・ポピー"というオレンジ色のレザーが張られる。



これらのコスメティック・チェンジを施したヴァンキッシュの価格は決して安くない。スポーツ専門メディア「ESPN」によると、この限定モデルの価格は35万9,950ドル(約4,100万円)だという。もっとも、このようなカスタマイズは、Q by Aston Martinにオーダーすれば(あなたがトム・ブレイディではなくても、限定モデルを購入できるほどの資金をお持ちであれば)ほとんどが可能だ。ベース価格31万1,650ドル(約3,500万円)からとなっている標準のヴァンキッシュS ヴォランテをベースに、同じようなカスタム施すことが出来るのなら、我々ならそちらを選ぶだろう。コンバーチブルではなく、29万3,650ドル(約3,300万円)のクーペをベースにすれば、さらにお金を節約できる。

なお、ESPNの報道によると、トム・ブレイディとアストンマーティンのパートナーシップ契約にこのクルマは含まれていないという。もしトム・ブレイディがこのクルマを欲しいと思ったら、自分でお金を支払って購入しなければならない。彼は自分で購入するだろうか?

ヴァンキッシュS ヴォランテ トム・ブレイディ・シグネチャー・エディションは、2018年3月末までに納車予定となっている。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連動画