【東京モーターショー2017】ヤマハ、風変わりなピックアップ・トラック「クロスハブ コンセプト」を発表! 運転席を中央前方に配置した4人乗り
Related Gallery:YAMAHA CROSS HUB CONCEPT

ヤマハが、今年の東京モーターショー新たなコンセプトカーを発表することを明らかにした際、我々は興奮した。なぜなら、同社は前回の東京モーターショーに「スポーツライド コンセプト」という小さくて素敵なスポーツカーを出展していたからだ。だから今回も同じような新しいコンセプトカーを見られるのではないかと期待し、希望していた。10月25日に東京モーターショーが開幕してみると、それは我々が想像していたようなものではなかった。だが、代わりに興味深いデザインのピックアップ・トラック「クロスハブ コンセプト」を目にすることが出来た。

【東京モーターショー2017】ヤマハ、一風変わった見た目をしたピックアップ・トラック「クロスハブ コンセプト」を披露
このピックアップ・トラックのスタイリングは、万人向けではないだろう。そのボディは沢山の曲線にキャラクターラインやベントと、様々な素材が組み合わさり、破裂しそうなほど膨れあがっているように見える。ヤマハのデザイン部門には、全ての提案に「ノー」と言える勇気を持つ人がいなかったらしい。とはいえ、最近ではシボレー「コロラド」やトヨタ「タコマ」など、以前は"コンパクト"だった他のピックアップ・トラックが、どれも膨らみ続けていることもあり、我々はこの風変わりなコンパクト・ピックアップというアイディアに異を唱えようというわけではない。全長4,490mm × 全幅1,960mm × 全高1,750mmと、クロスハブ コンセプトは実際にコンパクトだ。ピックアップの中で最小のトヨタ「タコマ」より、全長はさらに900mmも短い。ラインをもう少しすっきりさせれば、クロスハブは有望な小さい貨物輸送車になるだろう。


このクルマのもう1つの特徴は、そのパッケージングにある。一見すると2人乗りのレギュラー・キャブかと思うが、実は4人が乗ることができる。ユニークな「ダイアモンド・レイアウト」と呼ばれるシート配置を採用しており、前方の中央に運転席が置かれ、その左右後方に1つずつ座席があり、運転席の真後ろにもう1つのシートが配置されている。「マクラーレン F1」を4シーターにしたと考えれば理解できるだろう。


スーパーカーのようなドライビング・ポジションを提供しながら、このレイアウトは後部の荷台に十分な空間を確保することにも貢献しているという。荷台には2台のオートバイを積むことが可能だ。つまり、ヤマハは同社が販売する他の製品に、完璧にマッチするクルマをデザインしたというわけだ。



By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:YAMAHA CROSS HUB CONCEPT


■関連記事
・【東京モーターショー2015】魅惑的な軽量スポーツカー、ヤマハ「スポーツライド コンセプト」
・【東京モーターショー2017】ロッシ超え目指すライダーロボMOTOBOT Ver.2、ヤマハが発表。時速200kmの高速走行が可能に
・【東京モーターショー2017】ヤマハ、自立するAIバイク MOTOROiD 発表!ライダーを自動認識、ジェスチャー・音声操作対応

■関連動画