Related Gallery:TMS2017 Carmate Goods

カー用品メーカーのカーメイトは、東京モーターショー2017に次世代のカー用品のコンセプトモデル等を出展した。

あおり運転の事故で話題となったドライブレコーダーだが、同ブースには、以前ご紹介した、フロントのみではなくリア、サイドも撮影できる「ダクション360」シリーズが出展された(文末に衝突事故動画あり)。

会場では、VRゴーグルを使った、D1ドライバーの今村陽一選手が運転する車両を体感できるようになっており、注目を浴びていた。


ダクションは、ドライブレコーダーとして使える以外に、名前のとおりアクションカメラとしても使うことが出来る。そのため、2017年冬発売予定の新製品として、「防滴ケースオプション」が登場した。これは、サイクリングやツーリングなどで雨が降る中でも360度の撮影をすることが出来るようになるためのアイテムだ。

その他、ダクション360を2個組み合わせて全天球を撮影することが出来る全天球マウントというものも参考出品されていた。


そのほか、ダクション360を使ったコンセプトモデルとして、卓上で顔を検知して、記念撮影などを自動的に行ってくれるという顔検知型自立卓上移動ロボットの「360ショットボット」(左)、工場内の様子を無人で確認できる、映像を記録、中継する移動探査ロボット「360グランドローバー」(右)なども参考出品された。

クルマだけではなく、レジャーそしてビジネスに活用の幅を広がって行きそうなのが、他のドライブレコーダーとの大きな違いだろう。


モータースポーツブランドのRAZO(レッツオ)からは、配信が開始したばかりの「レッツオ・オンボードカム」と新コンセプトのペダルが参考出品された。

iPhone専用アプリの「レッツオ・オンボードカム」はスマートフォンのカメラ・センサーを使って得た情報をスマートフォンで撮影した動画に合わせて表示し、さらに出力できる無料アプリだ。

取得できるデータとしては、3軸加速度、ロール、位置情報、速度、高度、方位、ラップタイム、走行距離、日付、時刻となっており、サーキット走行などでどのような操作をしていたかの参考になりそうだ。

なお、2018年発売予定の専用センサーを使用すると、車両の詳細データを表示することもできるようなるとのこと。また、新コンセプトのペダルには、踏力センシング機能が内蔵されており、スポーツ走行時の支援や踏み間違え事故を防ぐための安全運転支援などへの活用も考えているとのことだ。


チャイルドシートブランドのエールベベからは、以前ご紹介した新製品のリモートサンシェードを搭載した「クルット・シェリール」(左)の他、自動で車両のシートと固定できる「コンセプト クルットAI」(中央)、音声の指示で、チャイルドシートの前後回転やリクライニング、シェードの開閉等ができる「コンセプト クルットVO」(右)が出展された。

電動化され、より便利に快適に使えるコンセプトモデルだが、あくまでコンセプトということですぐ商品化するということはないとのこと。ただ、前回のモーターショーで紹介したモデルに搭載されていた機能の一部である電動サンシェードを搭載した「クルットシェリール」が発売された実績もあるので、製品化も期待したいところだ。

その他、チャットを使った車両適合検索システムや逆走防止システム、安全支援アプリなどの展示も行われている。


また、安全用品として、これからの季節に活躍するタイヤチェーンのニューモデル「バイアスロン セルフィット」も出展された。これまではタイヤチェーンを装着するためにタイヤの裏側の見えないところに手を入れたり、力を必要とするロックがあったりと女性は装着が難しい面があった。

この「バイアスロン セルフィット」は、タイヤに被せて少しワイヤーを引くだけで装着できてしまうというカンタン装着を実現している。なお、この商品は一部店舗でのテスト販売となる予定とのこと。

クルマを買う時はワクワクするが、実は買ってからの時間の方が長い。クルマを買ってからでも、追加で装着することで、機能をバージョンアップできる自分に合ったカー用品を会場で探してみるのもおススメだ。

カーメイト 公式サイト
https://www.carmate.co.jp/

エールベベ公式サイト
https://ailebebe.jp/


ドライブレコーダー d'Action 360 後方からの車の衝突動画

RÄZO OnboardCam アプリ( カーメイト レッツォ オンボードカム スマホアプリ)