【東京モーターショー2017】スバル、STIと共同開発した「BRZ STI Sport」と「S208」を発表!
Related Gallery:SUBARU Tokyo Motor Show 2017

スバルは、「BRZ」と「WRX STI」にスバルテクニカインターナショナル(STI)の息吹を吹き込んだ。これら2台の日本市場専用モデルが、東京モーターショー2017で発表されたのだ。

BRZの最上級グレードとなる「STI Sport」は、STIが独自技術で開発したフレキシブルVバーとフレキシブルドロースティフナーフロントを装着して車体を強化し、サスペンションにSACHSダンパーとコイルスプリングを採用。ブラックで塗装された専用の18インチ・ホイールに215/40R18サイズの高性能タイヤを装着する。スバルによれば、「操舵応答性を向上させるとともにロールを抑え、しなやかで安定性の高い走りを実現」したという。


Related Gallery:SUBARU BRZ STI Sport

インテリアはアルカンターラと本革によるブラックとボルドーの2トーンで、専用のステアリング・ホイール、アームレスト、ショルダーパッド、メーターバイザーに加え、メーター・パネルとシルプレートもSTIのロゴ入りとなる。

エクステリアはフロント・バンパーとフェンダー・ガーニッシュにSTIのバッジが付き、ドア・ミラーやBRZのエンブレムがグロス・ブラック仕上げとなる。さらに特別なボディ・カラーを採用した「クールグレーカーキエディション」が100台限定で販売される。こちらは抽選で幸運な購入者が決められるそうだ。パワートレインは従来の標準モデルと変わらず、2.0リッター水平対向4気筒自然吸気エンジンは最高出力207ps(ATは200ps)、最大トルク21.6kgm(ATは20.9kgm)となっている。

消費税込み価格は、6速MTが353万1,600円、6速ATは359万1,000円。

スバル 公式サイト:BRZ
https://www.subaru.jp/brz/brz/



S208はWRX STIをベースに、STIがエンジンや足回り、内外装までチューンしたモデル。現行スバル車で、また歴代「S」シリーズでも最高性能を誇る。2.0リッター水平対向4気筒ターボ「EJ」型エンジンの最高出力は、標準モデルの308psから329psへ、最大トルクは43.0kgmから44.0kgmに向上。ビルシュタイン製をベースとする可変減衰力サスペンション「DampMatic®Ⅱ」をフロントに装備し、左右の駆動輪を制御するアクティブ・トルク・ベクタリングを前後に搭載することで、「強靭でしなやかな乗り味とシャープなコーナリングを実現」したという。BBS製19インチ・ホイールに装着するタイヤは、255/35R19サイズのダンロップ製「SPORT MAXX RT」(特殊吸音スポンジ付)。ブレーキはフロントが6ポット、リアが2ポットのブレンボ製だ。

エクステリアは大型フロントアンダースポイラーや、ドライカーボントランクリップスポイラーを装着。車内にもレカロとSTI製の本革張りバケット・シートやウルトラスエード®巻ステアリングホイールなど、多くの専用パーツが装備されている。


Related Gallery:SUBARU S208

生鮮台数は限定450台。そのうち350台がドライカーボンルーフやドライカーボントランクスポイラーまたはドライカーボンリヤスポイラーを装備した「NBR CHALLENGE PACKAGE」となる。ボディ・カラーはWRブルー・パールとクリスタルホワイト・パールの2色に加え、NBR CHALLENGE PACKAGEのみクールグレーカーキも選べる。

消費税込み価格は標準仕様が626万4,000円。NBR CHALLENGE PACKAGEのドライカーボントランクスポイラー付きは689万400円、ドライカーボンリヤスポイラー付きは710万6,400円となる。購入を希望する方は11月12日までの期間中に商談エントリーを申し込む必要がある。購入希望者数が限定生産台数を超えた場合は(過去の実例を見れば、まず間違いなく超えるはずだ)、抽選で当選した人だけが商談に進める。詳しい情報は以下のURLから公式サイトをご覧いただきたい。

スバル公式サイト:S208
https://www.subaru.jp/wrx/s208/


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:SUBARU Tokyo Motor Show 2017

Related Gallery:SUBARU BRZ STI Sport

Related Gallery:SUBARU S208


■関連動画