Related Gallery:TMS2017 Toyota Crown Concept

トヨタは、東京モーターショー2017に、「走行性能の追求」と「コネクティッド技術の進化」の両輪で開発したコンセプトモデル「クラウン コンセプト」を出展した。


事前情報で紹介されていたRSという、エンブレムを装着したモデルが壇上に鎮座していたが、早速そのRSの意味合いについて開発者に伺ったので、ご紹介しよう。


クラウンはこれまで、ノーマルの「クラウンロイヤル」をベースに、スポーティーな「アスリート」、ストレッチした上級モデルの「マジェスタ」をラインナップしてきた。

しかし、購買層の年齢が年々上がってきているので、若返りを図るため、スポーティーなデザインへ一新したとのこと(明言はしていないが、ロイヤル、マジェスタを廃止しアスリート後継のモデルに一本化する雰囲気であった)。

デザインもライバルと想定する高級インポートカーに対抗できる世界で通用するようなスタイリッシュさを実現するために、6ライトの新しい流麗なデザインを採用しているとのことだ。

クラウンについては、黒塗りの法人需要も多いので、ロイヤルシリーズが無くなるようなことがあってはならないのではと伺ったところ、既にアスリートを法人で使っていたり、パトカーなどもアスリートが採用されているので問題はないとのことであった。

なお、RSについてはこのままRSというグレードなどが出るという意味合いではなく、コンセプトカーとしてのバッヂとのこと。RSの意味については、レーシングセダンやロイヤルサルーンの略なのかと伺ったところ、ヴィッツのRSのような意味合いで、RSと付けているということで、深い意味はなさそうだ。

ワールドワイドで通用するデザインに変更されてはいるが、輸出する予定はないとのこと。現在中国でマジェスタベースのもモデルが販売されているが、こちらはモデルチェンジせず、当面そのまま現行モデルベースで継続販売を予定しているとのことだ。

事前のリリース情報では、Dピラーに代々続くクラウンのエンブレムが装着されていたが、出展されていたモデルには装着されていなかった。その理由を伺うと、太いピラーにはエンブレムがフィットするが、ピラーが細くなったため、無くしたとのこと。確かに同時に公開された「センチュリー」のような太いピラーにはエンブレムがよく似合う。


マフラーはマフラーカッターが丸見えの状態で登場。一時期は環境イメージから、マフラーを下向きにして、見せないスタイルが流行った時期もあったが、今回は迫力の斜めカットデュアルタイプの4本出しが装着されている。

これまでは、ハイブリッドというエンブレムが装着されたモデルが出展されることが多かったが、今回はエクステリアにおいて、そのようなエンブレムやハイブリッドを感じさせるデザインを見つけることが出来なかった。


インテリアはクラウンらしい重厚感を感じさせる仕上がりだ。ただし、パネル類がカーボン調であったり、ステアリングホイールが4本ではなくスポーティーな3本スポークになっていたり、随所にスポーツ感を強調したデザインになっている。

ダッシュボード中央上部には、これまでにはない、独立したモニターが別途設置されていた。これは、ネットワークへコネクトするといわれている通信を活用した表示なされるのだろうか。


こちらのアングルで見ると、ブルーのスタートストップスイッチが採用されている点や、タコメーターがないことから、ハイブリッドモデルであることが分かる。

シフトノブもよりスポーティーなデザインなものが採用されている。また、シフトノブにスイッチがあるため、おそらくシフトゲートはこれまでのゲートタイプからシフトブーツ付きのストレートタイプに変更されているようだ。


リヤシート付近では、特に大きな変更は感じられなかった。デザイン重視になった分、乗降性が悪化したのではと思っていたが、実はリアドアのエンドの高さは従来モデルよりも高くなっているとのことで、乗降性は相変わらずよかった。

全体的な内装の仕上がりはコンセプトという完成度を超えていて、ほぼ量産モデルの仕上がりで出展されており、クラウン コンセプトという名前が付けられているものの、2018年夏には、ほぼこのまま出てくるだろう。

クラウンが若返ることで、新たなユーザーの心をつかめるか注目だ。

トヨタ 公式サイト
http://toyota.jp