【東京モーターショー2017】残念ながらハリボテだった!? 期待高まるホンダの「Honda Sports EV Concept」!!
Related Gallery:TMS2017 Honda sports EV Concept

ホンダは、東京モーターショー2017に、コンセプトカーとして、1月のラスベガスのCESで発表された「Honda NeuV」、9月のフランクフルト・モーターショーで発表された「Honda Urban EV Concept」 に加え、 ワールドプレミアのモデルとして、「Honda Sports EV Concept」を出展した。

他の2台は既に発表済みなので、今回はHonda Sports EV Conceptを採り上げてみたい。


Honda Sports EV Conceptは、人とクルマのこれまでにない"一心同体"体験をもたらすコンセプトモデルだ。

EV専用プラットフォームを採用し、扱いやすいコンパクトなボディーに、レスポンスの良い電動パワーユニットを搭載。モーターならではの力強く滑らかな加速と静粛性、低重心による優れた運動性能を実現。人とクルマがひとつになったような未体験の走りを具現化したモデルとのこと。

さらに、AI技術を用いた「Honda Automated Network Assistant」を組み合わせ、人とクルマが"心身共にひとつ"になれるコミュニケーションを目指し開発されている。

またデザインにおいては、ロー&ワイドのスポーツカーらしいフォルムを継承しながら、一目で心に残るカタチや、多彩なライフスタイルに自然と溶け込む親しみやすいフロントフェイス、豊かな張りのある面構成などを用いて、所有する喜びと愛着が感じられる、次世代のスポーツカーデザインを目指し造形されている。


一般的に、コンセプトカーは市販車されないような、未来を想起させる非現実的なモデルを出展するメーカーが多い中、ホンダは2011年の東京モーターショーでは「N Concept」を、2013年には「S660 Concept」と「NSX Concept」を、2015年には市販前の「クラリティフューエルセル」、「NSX」、「シビック タイプR」などを出展しており、コンセプトが実現する印象が強かった。

画像のHonda Urban EV Conceptは、2019年にこのモデルをベースにした量産EVを欧州で発売するとの発表がなされたモデルだ。

そうなると今回発表されたHonda Sports EV Conceptの発売時期なども気になるところだ。そこで、会場でデザインを担当されたデザイン室の原田 誠氏にお話しを伺った。


Honda Sports EV Conceptは、このまま製品化するというモデルではなく、コンセプトカーとして完結するモデル。そのため、走行もできず、ボンネットやトランクの中を含め内装なども今回は見ることが出来ないこと。

つまり、コンセプトを具現化し来場者に観てもらうための外観モックアップ(雑な表現をすると外観のみのハリボテ)ということになる。

全体デザインとしては、S2000の次期モデルや過去の人気モデルをモチーフとしたデザインではなく、駆け抜ける歓びや走る楽しみを具現化し、スポーツカーとして大事なデザイン要素を盛り込んだ新しいデザインとのことだ。

「オデッセイ」や「シビック」などデジタル的なデザインとは一線を画すなめらかなデザインが新鮮だ。ちなみに、Nシリーズのような親しみやすさも感じられるが、そちらとの関連性も特にないとのこと。


Honda Urban EV Conceptも同様だが、Honda Sports EV Conceptもかなり太いCピラーが採用されている。現行のホンダのモデルでこのようにCピラーが太いものは少ないが、これは、押し出し感を出すために、後方にボリュームを出しながら、前に塊を押し出すイメージをデザイン化しているとのこと。

なお、内装は公開していないが、基本的には「Honda Urban EV Concept」をベースとしているが、ベンチシートではなく、独立したホールド性の高いシートとなっているとのことだ。


特徴的なデザインポイントしては、ボンネットフード中央部の意匠。

ボンネット中央が一段落ちているようなデザインになっているが、これは、空力的な意味合いではなく、EVの電装部品を冷却するヒートシンクを装着して排熱するのようなイメージとのこと。具体的にはどこにどのようなユニットを搭載するというプランがあった上でのデザインではないので、あくまでイメージとのこと。

ボンネットフードに穴が開いているのは、インタークーラーの排熱用だったり、アメリカンマッスルカーだったり、スポーティーな印象を与えてくれる。エコなEVではボンネットに穴を開ける必要はなさそうだがヒートシンク用ということで開けることがあれば、スポーツEVのアイコンとして活用できそうだ。なお、充電口は見当たらないが、フードの部分を想定しているとのことだ。


エンブレムは、イルミネーションで表現され、電源がオフになると消えてしまう。どこのメーカーの車両だか駐車中に分からなくなってしまう点もあるが、面白い。

なお、エンブレムのホワイトのホンダマークにブルーの縁取りのデザインは、EVとしてコンセプトカー用に採用しているが、具体的に量産モデルに反映するかは決まっていないとのこと。

筆者としては、スタイリッシュで魅力的なデザインなので、これまでのホンダの過去のコンセプトカー同様、コンセプトでとどまらず、製品化を期待したい。


ホンダ 公式サイト:第45回 東京モーターショー
http://www.honda.co.jp/motorshow/2017/index.html


Related Gallery:TMS2017 Honda sports EV Concept