Related Gallery:TMS2017 MMC

三菱自動車は、第45回東京モーターショー2017で、同社の新たな成長と発展、これからのクルマづくりの方向性を示唆するクロスオーバーSUVタイプのコンセプトカー「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初公開した。

三菱が得意とするEV技術と四輪制御技術に代表されるSUVノウハウを融合・進化させるとともに、新たにAI(人工知能)技術を搭載することによって、どんな気象条件や路面状況でも、ドライバーの意思と高度に同調し、意のままの安全で快適なドライビングを提供する性能が盛り込まれている。


多くのセンサーで、刻々と変化する道路環境や交通状況を認知し、さらにその瞬間のドライバーの操作からドライバーの意思を的確に読み取ることで、ドライバーの運転技量に関わらず、安全で快適なドライビングを提供。

また、車載AIには独自のコーチング機能を搭載。車載AIがドライバーの運転技量を把握し、運転技量を向上させるメニューを考え、音声対話や前面大型ディスプレイ表示を使ってアドバイス。これにより、普段、ドライバーは運転技量に関わらず、知らぬ間に意のままのドライビングを楽しめる一方、時にはコーチング機能を活用したドライビングを行うことで、今まで以上にクルマを乗りこなす楽しさ実現するとのことだ。


ビッグトルクを生み出す小型・高性能モーターと大容量の駆動用バッテリーを搭載。これにより、街中から高速道路、アップダウンのあるワインディングなど様々な道路状況において、EVならではの力強く滑らかで静かな走りを発揮する。

また、フロントに1基のモーターと、リヤに新開発の「デュアルモーターAYC」を搭載したトリプルモーター方式の4WDシステムを採用(AYC:Active Yaw Control の略)。

EVの高効率・高応答・高精度という特性を活かし、日常走行からスポーツドライビングまで全ての速度領域で、意のままの安全で快適なドライビングを実現するとのことだ。

なお、エボリューションという名前がついているので、ランエボの後継や、パジェロエボリューションとの関係が気になるところだが、説明員によると、「e-EVOLUTION CONCEPT」はあくまで三菱の技術を具現化したコンセプトモデルであるので、この車両をベースにランエボの後継モデルが作られるということはないとのことであった。



また、電気自動車については「i-MiVE」や「ミニキャブMiVE」が登場してから、だいぶ時間が経っており、次期モデルの登場はどのようになっているのかを伺ったところ、中期計画で公表している通り、日産との合弁企業のNVKVから軽の後継モデルとして登場する予定とのことだ。

ちなみに、i-MiVEは生産終了との新聞の報道があったがそれは誤りであり、今後も生産を続けていくとのことであった。


会場ではジュネーブ・モーターショーで発表済みで、各種イベントに登場している「エクリプスクロス」も展示された。

三菱らしいデザインと4WDシステムが搭載され魅力的であるが、1.5Lターボエンジンと、2.2Lのディーゼルターボのみのパワートレインのため、プラグインやハイブリッドを期待するユーザーの声には答えてはいない。

電動化が話題となる中、i-MiVEで先行していた量産EVのアドバンテージが、第二世代EVの市場投入がないため、消えつつある。

世界の注目が高まる中、なるべく早く次の量産EVが登場することを期待したい。

三菱自動車:東京モーターショー スペシャルサイト
http://www.mitsubishi-motors.com/jp/innovation/motorshow/2017/tms2017/


Related Gallery:Mitsubishi e-Evolution

Related Gallery:TMS2017 MMC