【東京モーターショー2017】トヨタ TjクルーザーはSUVとミニバンの良いとこ取り!コンパクトでも長尺荷物をらくらく搭載
Related Gallery:Toyota TJ CRUISER

東京ビッグサイトで開催の第45回東京モーターショーより。トヨタがクロスオーバー車のコンセプトモデル「Tjクルーザー」を発表しました。スライドドアやフラット化可能なシートを備える、SUVとミニバンの良いところを組み合わせたニコイチ的コンセプトカーです。
 

車名の由来は、Tool-Boxの"T"にJoyの"j"、そしてトヨタSUVラインナップの伝統だという"クルーザー"を組み合わせたのだとか。後部座席だけでなく助手席までがフルフラット化できるため、3mを超える大きさのサーフボードや自転車などもらくらくと積み込めます。トヨタいわく「仕事と遊びを垣根なく楽しむ」、やっぱりニコイチ的な使い方が想定されています。 
 

Related Gallery:Toyota Tj Cruiser concept

デザイン的には四角く無骨なところに魅力を感じる人も多いはず。前後、特にリアのフェンダーは大きく張り出したダイナミックな造形でありつつも、実はスライドドアを採用していたりといったところも良い意味で意外性を楽しめます。

さらに右後部座席にはシートのたたみ方によって買い物の荷物を置けるスペースを作ることもでき、間口の広いスライドドアとあいまって実用性は抜群と言えそうです。
外装にはケアフリー素材(強化塗装)を採用しているため、キャンプやバーベキュー、マリンスポーツなど砂埃の多いレジャーの場へ言っても汚れにくく、また上に無造作に物を置いたりしても傷がつきにくい仕上げとしました。

シャシーは次世代TNGAプラットフォーム。動力は2リッターエンジンと電動機のハイブリッド構成となっており、駆動方式はAWDとFFの搭載を想定しています。


そのダイナミックなデザインからかなり大柄な印象を受けるものの、外形寸法は全長4300 x 全幅1775 x 全高1620mm。これはホンダのコンパクトSUV、ヴェゼルあたりとほぼ同等か微妙に大きいと感じるぐらいのサイズ感でしょう。ただ、Tjクルーザーの場合はタイヤを車体の四隅に配置して室内空間の確保も狙っており、デザインと相まって大きく見せています。


気になるのは乗車定員が4人と少なめなところ。とはいえ、この手の車を選ぶのは若い独身世代と考えられ、グループで少し遠方へ遊びに行くにしても複数台で出かけるケースのほうが多そう。ならば、4人も乗れればそれで充分なのかもしれません。


Related Gallery:Toyota Tj Cruiser concept

Related Gallery:Toyota TJ CRUISER