【東京モーターショー2017】モーターは変わらないのにさらにスポーティー!? 日産「リーフ」NISMOバージョン登場!!
Related Gallery:TMS2017 Nissan NISMO

日産は、第45回東京モーターショー2017で電気自動車の「リーフ NISMOコンセプト」を公開した。概要については、先日の記事でご紹介済みなので割愛するが、会場で同車両の開発に携わったオーテックジャパンの中澤常務に開発背景などのお話しを伺えたので、その内容をご紹介しよう。

まず、外装デザインについて、以前、新型リーフが発表された際、電気自動車のイメージカラーのブルーを、従来の日産エンブレムカラーで表現するのではなく、ポイントカラーで表現していくというお話をリーフのデザイン担当から伺った。確かに、「ノート e-POWER NISMO」がNISMOバージョンはその方向性に沿った形でブループラスNISMOのレッドという組合わせが採用されており、日産の電気自動車としての統一感がある意匠に仕上がっていた。

しかし、今回発表されたリーフ NISMOコンセプトは、電気自動車という表現のブルーが無くなってしまって、NISMOのレッドのみとなってしまったので、一見すると電気自動車には見えず、エンジン車のように勘違いされそうだが、それは方向性が変ったためなのか?と伺ったところ、確かに、ノート e-POWER NISMOのように、グリルにブルーのラインは入っていないが、グリルの透明パネルにブルーが入っているので、その点での統一感は取れているとのことであった。


また、「マーチ」や「ジューク」「ノート」のNISMOバージョンは、ドアミラーがレッド1色であるが、リーフ NISMOコンセプトは、ブラックにレッドのラインとなっており、デザインテイストが少し変わっているが、それはなぜかと伺ったところ、今回出展されたリーフの場合、ルーフカラーがブラックなので、そのブラックを生かしてNISMOを表現するとこのようなカラーリングになったとのこと。

ちなみに、「フェアレディZ」や「GT-R」のNISMOバージョンの場合は、リーフ NISMOコンセプトと同様に、ブラックにレッドのラインのドアミラーとなっているので、コンパクトカーはレッド、それ以外はブラックにレッドラインというような線引きがあるのかもしれない。


リーフ NISMOコンセプトが他のNISMOバージョンと違う点は、ボンネットのブラック。これは量産モデルとして展開する際にも採用されるのかと伺ったところ、量産モデルがどうなるかということは回答できないが、ボンネットがブラックというのはコンセプトモデルだからと考えてもらって良いとのことであった。

このブラックの意匠が標準車と違って引き締まってスポーティーに見せることに寄与している面もあるので、このデザインが気に入ったオーナーはこのコンセプトモデルを参考に、カッティングシートなどでドレスアップするのも良さそうだ。


リーフには、今後ハイパワーモーター、大容量バッテリーのモデルが登場することが、アナウンスされているが、以前ご紹介した通り、このNISMOバージョンには採用されないとのことだ。

基本的には、足回りとハンドリングのチューニングでさらなる走りの楽しみを高めるということに加え、同じモーターを使いながらも、コンピューターのチューニングを変更して、スポーティーな走りに仕上げているとのことであった。

レーシングイメージのNISMOの走りを期待する人には、モーターもハイパワーの物を採用した方が良かったのでは?と伺ったところ、ノートe-POWERもふくめて、現在のモーターは充分ハイパワーであり、操作しやすいように、マイルドに走れるよう、逆に抑えめにプログラミングしているとのこと。そのため、NISMOバージョンは、その点をチューニングするだけで、立ち上がりの良い、よりスポーティーな走りを実現することが出来るとのことであった。なお、電費に関しては標準車とそれほど変わらないとのことだ。


最後に、今回「セレナ」にもe-POWERが登場したが、NISMOバージョンは登場する予定はあるのかと伺ったところ、今後の発売計画についてはお答えできないとのことだが、人気モデルにはNISMOバージョンの設定は行っているとのことなので、セレナNISIMOバージョンの登場は期待しても良さそうな雰囲気であった。

今回お話しを伺った中で、モーターは同じでもセッティング次第で走りが大きく変わるのが電動車の特徴とのことなので、さらに、いろいろな走りを楽しめるようなセッティングができるNISMOバージョンも期待したい。

■参考リンク
YouTube:https://www.youtube.com/NissanJapan
Twitter:https://twitter.com/NissanJP

日産自動車 公式サイト:東京モーターショー2017特設ページ
http://www.nissan.co.jp/MS/TOKYO2017/