スティーヴ・マックィーンが映画『栄光のル・マン』で着用した、ヘルメットとレーシングスーツがオークションに出品!
Related Gallery:Steve McQueen Auction

1971年に公開された映画『栄光のル・マン』には全てが詰まっている。レーシングカー、エンジン音、カー・アクション、スティーヴ・マックィーンという存在、そしてル・マン24時間レースの死闘とラブ・ストーリーを織り交ぜたシナリオ。この作品は世界的な大ヒットを記録したとは言えないものの、今でもクルマ好きの間では人気が高く、マックィーンが映画の中で使用したクラシックなポルシェやタグ・ホイヤーの腕時計を愛するファンがたくさん存在する。

しかし、それらを凌ぐ究極の『栄光のル・マン』関連グッズと言える品が売りに出されることになった。撮影でマックィーンが実際に着用した、ヒンチマン社製レーシング・スーツとベル社製ヘルメットだ。実はこれらがオークションに出品されるのは初めてではない。過去には98万4,000ドル(現在レートで約1億1,000万円)で落札されたことがあるのだが、今回の落札予想価格は40万ドル(約4,500万円)から50万ドル(約5,700万円)と、それより低く見積もられている。最低落札価格は設定されていない。果たしてどれほどの値が付くだろうか。前回の落札価格にどこまで迫るか、あるいは超えるのか、興味深いところだ。

スティーヴ・マックィーンのヘルメットとレーシング・スーツが出品されるRMサザビーズ主催の「ICON」オークションは、米国ニューヨークで12月6日(現地時間)に開催される。


By ANTTI KAUTONEN
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Steve McQueen Auction


■関連記事
・【ビデオ】スティーヴ・マックィーン主演映画『栄光のル・マン』に登場したポルシェ「917K」が、再びオークションに
・スティーブ・マックィーンの元愛車で、あの映画にも登場するポルシェ 911が高値で落札!
・【ビデオ】スティーブ・マックイーン『栄光のル・マン』の舞台裏に迫った新作ドキュメンタリー映画の予告編が公開

■関連動画