三菱電機、次世代の運転支援技術を搭載したコンセプトカー「EMIRAI4」を東京モーターショーに出展
エアコンや冷蔵庫といった家電で知られる三菱電機は、自動車の様々なシステム、ECUからパワーステアリング、充電装置などの部品も幅広く手がけている。さらに同社はその技術を未来のモビリティー分野で生かそうと「EMIRAI4(イーミライフォー)」と名付けられたコンセプトカーを、10月25日に開幕する(一般公開日は10月28日〜11月5日)の第45回東京モーターショー2017に出展する。

電気自動車のEMIRAI4は、手動運転から自動運転へ切り替えることが可能だ。ヘッドアップディスプレイ(HUD)には高精度3次元地図と高精度測位技術が用いられ、拡張現実(AR)にも対応。HUD上に進むべき車線が表示され、夜間や濃霧など見通しの悪い環境下でも、視認しやすくなっている。また、センターディスプレイには様々な機能を操作できる左右スライド式ノブを装備し、ドライバーが道路から目を離さずに済むよう図られている。

このクルマにはドライバーモニタリングシステムも搭載されている。車内に設置されたカメラが運転席と助手席搭乗者の顔の向きや姿勢をモニターし、ドライバーが脇見運転や居眠り運転をしていると判断したら自動運転に切り替えたり、あるいは乗員の状態に合わせてエアコンなどの設定を自動的に調節することで快適な環境を提供することが可能だという。

EMIRAI4のもう一つの特徴がインテリジェントライトシステムだ。これは乗員がドアを開けるのを検知して、路面や乗り降りする人の身体を照らす。また、クルマの後部にもメッセージを表示して通行人に注意喚起する。これにより歩行者やサイクリスト、他車との接触を避けることができるだろう。


東京モーターショーで実際にEMIRAI4を見れば、これらのシステムがどのように作動するのか、もっと掘り下げて知ることができるはずだ。

東京モーターショー2017に三菱の名前で出展されるコンセプトはこれだけではない。三菱自動車は独自の電気自動車「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を発表する予定だ。この四輪駆動SUVにはAI技術が搭載されており、ドライバーの運転技術を向上させるサポートもしてくれるのだ。

三菱自動車は、広く知られていて愛されているハードコアな「ランサーエボリューション」と共通する名前を与えたコンセプトカーのティーザーを公開しているが、来週にはその全貌が明らかになる。


By JOHN BELTZ SNYDER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
三菱が東京モーターショーに出展する「e-EVOLUTION CONCEPT」のさらなる画像と情報を公開!

■関連動画