Related Gallery:2016 Mercedes-Benz GLC300 Quick Spin

2017-18年モデルのメルセデス・ベンツ「GLCクラス」が、米国道路安全保険協会IIHS)による最高安全評価「トップセーフティピック+(TSP+)」を獲得した。IIHSの試験を今回初めて受けたGLCクラスは、難しいスモールオーバーラップ前面衝突試験を含む全種類の衝突試験で最高評価「Good」を獲得した。

TSP+を獲得するには、自動緊急ブレーキとヘッドライト試験でも高い評価を得る必要がある。GLCは、標準モデルとオプションの歩行者認識機能を装備したモデルのいずれも、12mph(約19.3km/h)と25mph(約40.2km/h)の速度で走行中に自動ブレーキで衝突を回避し、衝突回避試験の最高評価「Superior」を獲得した。ただし標準モデルは、ドライバー警告システムが十分でないと評価され、1ポイントを失っている。

GLCで選択できる3種類のヘッドライトのうち、オプション装備となるアダプティブ機能付きLEDヘッドライトは最高評価の「Good」、通常のLEDヘッドライトがそれに次ぐ評価の「Acceptable」を獲得して、いずれもTSP+の要件を満たした。一方、ハロゲンを採用する標準のヘッドライトは、2番目に低い評価の「Marginal」だった。GLCにできるだけ高い安全装備を求めるなら、LEDヘッドライトを選択するべきだ(日本仕様は全車LEDインテリジェントライトシステムが標準装備)。



By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:2016 Mercedes-Benz GLC-Class

Related Gallery:2016 Mercedes-Benz GLC300 Quick Spin


■関連記事
・メルセデス・ベンツ、新世代SUV「GLC」を発売開始! GLとCを組み合わせた刷新モデル
・メルセデス・ベンツ、プラグイン・ハイブリッドの「GLC350e 4MATIC」を発表
・メルセデス・ベンツ、「GLC クラス」に水素燃料電池を搭載して2017年に発売