Related Gallery:Ceatec Japan 2017 Denso

デンソーは、幕張メッセで開催しているCEATEC JAPAN 2017に「VR-CAR」を出展した。VR-CARのベースとなっているのは、小型EVのトヨタコムス」だ。

"空飛ぶクルマで観光地を巡る"とのサブキャッチコピーでワクワク感を掻き立てる演出となっているが果たして、VR-CARとはどのようなものなのだろうか。


外観は、いたってベース車両と変わらないコムスそのもの。

このVR-CARには、「Vehicle VR Actuation Technology」が搭載されているとのことで、自動車をVRマシンに変身させ、映像に合わせた動きを加えることで、未知なる体感を実現する新技術が盛り込まれているとのことだ。


乗車している人は、観光地を巡る動画が流れるVRゴーグルを装着するだけ。アクセル操作やブレーキ操作などは一切しない。

車両が動画に合わせて前後することで、VRがよりリアルに体験できるとのことだ。展示パネルには、アクチュエーターで振動を車体に加えたり、空調でリアリティを出したりする提案も掲載されていた。

説明員によると、今回の展示車両ではそのような機能は盛り込まれていないが、車両が前後するだけで、充分VRがよりリアルに体験できるとのことで、採用は見送られたとのこと。

なお、この技術の活用方法としては、官公庁の観光PR事業で使ったり、ゲームなどのエンターテインメントとして活用したりすることを想定しているとのこと。残念ながら、普及があまり進まない小型EVの新たな使い方として受け入れられるのか注目だ。

デンソー 公式サイト
https://www.denso.com/