【ビデオ】ロールス・ロイスが治療に励む子供たちのために、小さな特別仕様車を製作 これを運転して手術室へ
Related Gallery:ROLLS-ROYCE SRH

クルマや乗り物関連のニュースを1分程度にまとめた動画でお届けする『Autoblog Minute』から、今回はロールス・ロイスが本気で製作した子供用の電気自動車「SRH」をご紹介しよう。車名の「SRH」とは英国ウエストサセックス州にあるセント・リチャーズ病院の頭文字から取ったもので、この特別な小型のロールスは同病院の小児科に寄贈された。

小さな患者が、この小さなクルマを自ら運転して、手術室へ向かうのだそうだ。その通路には交通標識も掲げられている。ロールス・ロイスのトルステン・ミュラー・エトヴェシュCEOは「このクルマが、治療を受ける子供たちのストレスを軽減するために役立つことを願っています」と述べている。

ロールス・ロイスは「SRH」のお披露目に際し、同病院で治療を受けているモリーちゃんとハリ君の2人をテストドライブに招待。同社の特別注文車の引き渡しに使われるグッドウッド・スタジオにて、VIP待遇で手厚くもてなした。

同社ビスポーク部門の職人たちが勤務外の時間に無償で手作りしたこのクルマは、24ボルトのジェルバッテリーを搭載し、最高速度10mph(約16km/h)を誇る。製作時間は400時間、ファイバーグラス製のボディは12層に及ぶ塗装で仕上げられている。



By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー