Related Gallery:Ceatec Japna 2017 Honda

ホンダは、10月3〜6日に千葉県の幕張メッセで開催している「CEATEC JAPAN 2017」に「スマート エネルギー ストレージ マネジメント」をテーマに、着脱可能な可搬式バッテリー及びその充放電機器で構成される「Honda Mobile Power Pack」システムと、高圧水素ガスの製造・供給を行う「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」コンセプトを出展した。

例年、不思議なオブジェのようなものが展示されて注目を浴びていたが、今年はいたってシンプルな展示。自動車メーカーもテスラの車両展示とホンダだけということなので、CEATEC会場での自動車関連の存在感が年々減っている影響もあるのだろうか。

そのような中、出展されたのがタイヤが付いてはいるが乗ることはできない充放電器「Honda Mobile Power Pack Charge&Supply」コンセプトだ。


充放電気というと何やら難しいが、中に入っているHonda Mobile Power Packと組み合わせることで、非常時の電源として、また無電化地域での常時電源として活用するなど、暮らしにさまざまな価値を提供してくれる優れものなのだ。

Honda Mobile Power Pack Charge&Supplyコンセプトには、USBのジャックとAC100Vのジャックがついており、Honda Mobile Power Packを中に入れると移動式の電源となる。重さは約20㎏とのことでカートのように引っ張って移動できるようになっている。

移動式の電源といえば、既にホンダでは様々な発電機を発売してるが、いずれも排気ガスが出るため、密閉されたテントなど空間では使えず、また音がうるさい点がウィークポイントだ。Honda Mobile Power Pack Charge&Supply コンセプトは充電池を入れて使うので、その点はクリアでき、新たな用途で使うことが出来るアイテムとなっている。


こちらが、着脱可能な可搬式バッテリー「Honda Mobile Power Pack」の量産モデルだ。イメージとしては、電動アシスト自転車のバッテリーの約2~3倍ぐらいの大きさだ。


量産モデルとのことなので、このまま製品として登場するということだ。使用イメージとしては、再生可能エネルギーを利用して発電した電気を蓄え、小型電動モビリティーの動力や、家庭での電源として使用することを想定しているとのこと。


こちらは、充電ステーションユニット「Honda Mobile Power Pack Exchanger」コンセプトだ。

複数のHonda Mobile Power Packを同時に充電でき、交換用モバイルパワーパックの供給を行うと共に、電力需要のピーク時には、ステーション内のモバイルパワーパックから送電網に電力を供給し、電力安定化に貢献してくれるユニットとなっている。

使用イメージとしては、Honda Mobile Power Packの電池を使い切ったら、このユニットに置き、既に充電完了しているHonda Mobile Power Packとすぐに交換できるというイメージとのこと。

どうやら、東京モーターショーで、このHonda Mobile Power Packを搭載した小型モビリティが登場するようだ。EVも小型モビリティも航続距離が伸びたとしても充電時間がネック。Honda Mobile Power Packが量産され、たとえば出先のスタンドやコンビニで満充電のHonda Mobile Power Packとすぐに交換できれば、ガソリン車と使い勝手はほとんど変わらなくなり、EVや小型モビリティが爆発的に拡大する可能性もある。

このようなアイテムは、規格が様々だと使いにくい。できれば、ホンダだけでなく、他のメーカーからもHonda Mobile Power Packを活用したアイテムが登場することを期待したい。

ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/