Audi e-tron FE04 #1 (Audi Sport ABT Schaeffler), Lucas di Grassi, Audi e-tron FE04 #66 (Audi Sport Team ABT Schaeffler), Daniel Abt
Related Gallery:Audi e-tron FE04

アウディは、電気化の未来を正面から見据えているようだ。4つの輪で知られるこの自動車メーカーは、長きに渡って輝かしい成功を収めてきたル・マンから撤退し、比較的最近始まったオープンホイールの電気自動車によるレース・シリーズ、フォーミュラEへの参戦を決めた。そしてこれがそのシリーズを戦うマシンである。

「e-tron FE04」は新型マシンだが、アウディがフォーミュラEに関与するのはこれが初めてというわけではない。同社のチームはこれまで「ABT シェフラー」とパートナーを組んでいた。今回のe-tronは、アウディが初めて本格的にファクトリー・チームとしてサポートするマシンで、新しいカーボンファイバー製シャシーに、さらに効率を高めた最新モーターと1速ギアボックスを搭載する。そのパワートレインはシェフラーとの共同開発だ。

Audi e-tron, Audi e-tron FE04 #1 (Audi Sport ABT Schaeffler), Lucas di Grassi

ホワイトとメタリック・グリーン、ブラックのコンビネーションから成るカラーリングも一新され、ルーカス・ディ・グラッシのドライブで優勝を勝ち取るのに相応しいマシンだ。このブラジル出身のレーサーは引き続きアウディに残留する。そして、かつて耐久レースで伝説を作ってきたレーサーであり、今回から新たなチーム・プリンシパルに就任したアラン・マクニッシュと共に活躍することになるだろう。

Allan McNish, Daniel Abt, Lucas di Grassi, Dieter Gass

アウディは明らかに残った"卵"すべてを"ディーゼルの籠"から取り出し、新たにグリーンな"電気自動車の籠"へ移そうとしている。このドイツの自動車メーカーは2018年から電動化モデル「e-tron」の展開を積極的に推し進める予定で、2025年までに20台の電動モデルを発表すると約束している。この数にはシングルシーターのレースカーは含まれていないと思うが。


By JEREMY KORZENIEWSKI
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
・アウディ、来季からワークス・チームとしてフォーミュラEに参戦
・アウディ、2016年シーズンでル・マン24時間レースを含めたFIA WECへの参戦終了と発表