TechCrunch
Elon Muskは、Twitterを使って率直かつ直接的に自分の考えを表現する人物だ。今回彼が取り上げたのは、USA Todayによって報じられた、EVテクノロジーに対して競合自動車メーカーが行なう投資額についてだった。Muskが指摘したのは、Teslaに対抗するために投下されると報じられた10億ドルという金額は、ダイムラーのような大企業としては不十分だというものだ。そしてそれにダイムラーは同意した。

ダイムラーは、USA TodayのTwitterで引用された10億ドルという数字は低すぎる、というMuskのツイートにこう応じたのだ。TeslaのCEOは「極めて正しい」とした上で、実際に行う投資は100億ドル以上だと述べた。バッテリー製造だけでも10億ドルを投資し、その他に次世代EVへの投資が含まれているという内容だった。
>>@elonmusk、貴方は極めて正しい。隠された数字はこのようなものだ:次世代EVに100億ドル以上、10億ドル以上をバッテリー製造に投資

>>結構なことだ。

Muskが実際にダイムラーの計画変更を促したわけではない(少なくもこのツイートでは。会社としてのTeslaは、これまで測り知れないほど大きな影響を、EV業界に与えてきた)。今回Muskが犯した罪はTwitterにはありがちなものだ:クリックして記事の全てを読むことなく、見出しあるいは140文字のまとめが全てであると考えたことである。JalopnikのDean Kawamuraはこれを指摘したが、Muskからは不敵な答が返された。それは単なる冗談かもしれないし、あるいはTeslaがEVの世界を塗り替えて来たことを意味しているのかもしれない。私の好みは後者の解釈だ。
>>いや、@elonmusk が @Daimler を一晩で100億ドル以上のEV投資に踏み切らせたわけじゃない。
>>いや、そうさせたよ (笑)

[ 原文へ ]
(翻訳:Sako)

※こちらはTechCrunchの記事を許可を得て掲載したものです。

■関連動画