【国際福祉機器展2017】ウインチとパワーゲート付「アテンザ」、リモコン開閉の「ロードスターRF」等をマツダが出展!!
Related Gallery:H.C.R.2017 Mazda

マツダは、9月27日から東京ビッグサイトで開催された第44回国際福祉機器展H.C.R2017に、開発中の「アテンザ ワゴン」の福祉車両などを出展した。

参考出品されたは、アテンザ ワゴンは、車イス格納装置および手動運転装置付が装着されたモデルだ。

車イスをトランクにしまってしまったら、どのようにして運転席まで移動するのかという疑問があったが、こちらの使用イメージは、車イスを使った競技に出かけるドライバーが、競技用(バスケットボール)の車イスをトランクに積み、普段使っている車イスで運転席まで移動し、その車イスは後席に収納するという想定とのこと。


車イス格納装置はニッシンのウィンチェアが搭載されている。このように吊り下げベルトを車イスにセットし、ベルトを巻き上げ、アームを回転させることでカンタンに一人でも車イスを収納することが出来る。

操作用のペンダントスイッチやバンパーをガードするバンパースカートなどもセットされており、カンタンに車両を傷つけることなく車イスを積載できる。


その他、リモコンでゲートを閉じることが出来る後付けのパワーゲートの装置も搭載されている。車イスに座った状態でリアハッチを閉めるのは困難なので、このようなリモコンは重宝しそうだ。

ちなみに、今回出展車で使っているリモコンは試作品とのことで、量産モデルとは異なるそうだ。


運転席には、左手でアクセルならびにブレーキが操作可能で、ウインカー、ホーン等のスイッチが集約されているコントロールグリップなどの手動運転装置が装備され、車イスドライバーが運転できるようになっている。

現状の福祉車両は後付けパーツが増え、どうしてもメカメカしくなってしまうが、自動運転が進めば、だいぶすっきりするように思える。そのあたりの方向性を開発者に伺ってみた。

マツダとしては、福祉車両の開発においても、単なる移動手段に留まらず、クルマの運転を通じてより多くのお客さまに自由に移動すること、運転する楽しさ、「走る歓び」を体験いただける機会を提供することを目指しているため、自動運転が現在の回答ではないとのことであった。


今回マツダで一番注目を浴びていた車両は、 「ロードスターRF」の手動運転装置付車だ。このモデルは、以前ご紹介したロードスター(ソフトトップモデル)や、「アクセラ」と同様に9月21日から発売が開始されたモデルだ。

先日ご紹介したプロトタイプからは、足に当たる部品の形状の改良等が行われ、量産モデルとして発売されたとのこと。また、RFでは専用のリモコンでルーフの開閉が出来るようになっている。


その他、SUVでは「CX-5」の助手席リフトアップシート車、軽自動車では、フレアワゴンのスロープ式車イス移動車なども展示された。

説明員に「CX-8」にもこの助手席リフトアップシート車が用意されるのかと伺ったところ、現状は予定はないとのこと。ただ、二世帯家族など、多人数乗車の助手席リフトアップ車ニーズはあると思われるので、今後追加されるのではないだろうか。

マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/