ホンダ、東京モーターショー2017の出展概要を発表 電動スポーツカーのコンセプトからインディ500優勝マシンまで!
Related Gallery:Honda Tokyo Motor Show 2017

ホンダから、10月25日に開幕する第45回東京モーターショー2017(一般公開日:10月27日〜11月5日)の出展概要が発表された。今回は"自分を、もっともっと連れ出すんだ。"をブース・コンセプトとして掲げ、「モビリティーを通して拡がる人間の可能性、豊かな生活」をブース全体で提案するという。

まず注目すべきは、ホンダが量産を計画している電気自動車の専用プラットフォームがコンセプトカーという形で先行公開されることだろう。9月のフランクフルト・モーターショーで発表された「Honda Urban EV Concept」(下の画像)は、かつての初代「シビック」を未来的にリデザンしたようなコンパクトなハッチバック車(の原型)だが、東京モーターショーではさらに、そのプラットフォームを共有するスポーツカーが登場する。



ファストバック・スタイルと張り出したリア・フェンダーが期待を煽る「Honda Sports EV Concept」(トップの画像)は、ホンダによれば「所有する喜びと愛着が感じられる、次世代のスポーツカー」を目指したという。両車とも電動パワートレインと共に人工知能(AI)技術が搭載されているが、Honda Urban EV Conceptが「人とクルマのコミュニケーションを実現」とあるのに対し、Honda Sports EV Conceptではその関係性がさらに進んで「人とクルマが"心身共にひとつ"になったような運転感覚」を目指しているという。これは単にAIによって「そんな気がする」精神的なものだけでなく、レスポンスの良い電動モーターならではの力強い加速と、低重心による優れた運動性能によるところも大きいようだ。

最近では多くの自動車メーカーが続々と市販化間近の電気自動車を発表し続けているものの、手頃な価格で買えそうなスポーツカーというコンセプトを明確に打ち出したモデルはほとんど見られない、というか後回しにされている気がする。かつてスポーツカーから4輪車の製造を始めた歴史を想起して「さすがホンダ」と思わず唸るような、魅力的な電動スポーツカーをいち早く発売してほしいものだ。



そしてもう1台の電動コンセプトカー「Honda NeuV」は、そのAI技術「Honda Automated Network Assistant」が、自動運転機能に結びついた"EVコミューター"。ドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して安全運転のサポートをしたり、オーナーが使用していない時には(オーナーの許可を得て)自動運転で移動し、ライドシェアを行うなど、「自動運転技術とAIによって拡がるモビリティーの可能性を模索するコンセプトモデル」であるという。前述の2台に比べるともっと先の未来を"模索"しているようだが、オーバーハングを切り詰めたハイトワゴン風のデザインは、意外と近い将来の市販モデルを示唆しているのかもしれない。



二輪車のコンセプト・モデル「Honda Riding Assist-e」は、単に電動パワートレインを採用するだけでなく、ホンダがヒューマノイドロボット研究で培った独自のバランス制御技術を二輪車に応用し、「極低速走行時にマシン自体がバランスを保つことで、ライダーの負荷を軽減」するという。




市販予定車としては、2モーターのハイブリッド・システムを採用した5代目「CR-V」をはじめ、米国では8月にアキュラ「RLX」として発表された新型「レジェンド」、間もなくマイナーチェンジされる「オデッセイ」、「クラリティ」のプラグイン・ハイブリッドが展示される。

これらは既に海外で発表済みだが、日本独自の車種として軽スポーツカー「S660」の新たな特別仕様車「#komorebi edition〈コモレビ エディション〉」も初公開となる。ボディ・カラーには「ヒダマリアイボリー・パール」をはじめとする3色が設定され、ブラウンのルーフとライトタンのインテリアが組み合わされるこのS660は、ホンダによれば「気軽だけど上質で、おしゃれにオープンカーのあるライフシーンをエンジョイできる」そうだ。



モータースポーツ車両は、例年ならF1マシンが主役級の扱いを受けるところだが、今年は佐藤琢磨選手が第101回インディ500を制した優勝したマシン「Dallara DW12 26号車」が最も注目を浴びるに違いない。

Verizon IndyCar Series Indianapolis 500 Race Indianapolis Motor Speedway, Indianapolis, IN USA Sunday 28 May 2017 Takuma Sato, Andretti Autosport Honda World Copyright: Scott R LePage LAT Images ref: Digital Image lepage-170528-indy-14349

1958年に「C100」として発売された偉大なる実用バイク「スーパーカブ」は、今年10月に生産累計1億台を迎えるという。その記念車や初代を含むヒストリー・モデル、市販予定の「クロスカブ 110」などが今回の東京モーターショーでは展示され、「約60年にわたるカブの歴史、現在、未来を伝えるカブワールドを展開」するそうだ。



噂されていたような「S2000」後継モデルの出展予定は残念ながら(今のところ)ないようだが、ホンダが本腰を入れて量販モデルとして投入する電気自動車は気になるところ。実際に乗れるのはまだ先としても、モーターショーに来場される方は実車をご覧になり、是非ご自身の目でそのサイズ感やデザインをご確認されてはいかがだろうか。ホンダの東京モーターショー特設サイトでは、出展車両の紹介を順次アップデートしていくという。会場まで行けない方も、以下のURLからチェックしていただきたい。

ホンダ 公式サイト:第45回 東京モーターショー
http://www.honda.co.jp/motorshow/2017/index.html


なお、ホンダではメールニュース会員または新規登録される方の中から抽選で100組400名の方に、第45回東京モーターショー2017の一般公開日入場券をプレゼントしてくれるそうだ。4枚1組なのでご家族やご友人達と一緒に来場できる。ご応募は以下のURLから。

Hondaメールニュース:第45回東京モーターショー2017 入場券プレゼントキャンペーン
http://www.honda.co.jp/hondamailnews/campaign201709/index.html


第45回 東京モーターショー2017
主催 :一般社団法人 日本自動車工業会 (JAMA)
会期 :2017年10月27日(金)~11月5日(日)
プレスデー:10月25日(水)~10月26日(木)
オフィシャルデー/プレビューデー:10月27日(金)
一般公開日:10月28日(土)~11月5日(日)
会場:東京ビッグサイト 東京都江東区有明 3-11-1
公式サイト:http://www.tokyo-motorshow.com/

Related Gallery:Honda Tokyo Motor Show 2017


■関連記事
・ついに量産EV登場か!! ホンダがそのベースとなる「Urban EV Concept」をワールドプレミア!!
・ホンダ「レジェンド」の米国仕様車、アキュラ「RLX」が大幅にデザイン刷新!
・【噂】ホンダ、「S2000」の後継車を創立70周年にあたる2018年に発表? 生産は米国で?