【ビデオ】ランドローバーの新型「ディスカバリー」が、総重量110トンにもなるオーストラリアのロードトレインを牽引! 
Related Gallery:LAND ROVER DISCOVERY ROAD TRAIN PULL

自動車メーカーは自社のトラックやSUVの牽引能力を証明するために、様々なチャレンジを行っている。最近ではポルシェの「カイエン」が2階建ての巨大なエアバス「A380」を牽引したりトヨタの北米向けSUV「タンドラ」がスペースシャトル「エンデバー」を牽引したことをご記憶の方も多いだろう。昨年「ディスカバリースポーツ」で列車を牽引してスイスの鉄橋を渡ったランドローバーは、新型「ディスカバリー」にもその能力を発揮させて見せた。今度はオーストラリアに渡り、"ロードトレイン" と呼ばれる複数のトレーラーが連結した長大なセミトラックを牽引したのだ。

ランドローバーによると、オーストラリアのロードトレインが牽引できるトレーラーは、最高4台までと規制されているそうだ。だが、今回のチャレンジで使用されたトレーラーは7台で、さらにセミトラックとバラストも含まれる。総重量はおよそ110トンと、3.0リッターV6ディーゼル・エンジンを搭載する「ディスカバリー Td6」の牽引能力3.5トンの約31倍だ。興味深いことに、同じ3.0リッターV6でもガソリン・エンジン搭載モデルの牽引能力は3.7トンで、ディーゼル車の方がわずかに低くなっている。



下の映像では、ランドローバーが何台も連なった大きなトレーラーを苦労して動かしている様子を見ることができる。実際に牽引した距離は16kmで、速度は44km/hに達した。今回のチャレンジで使用されたディスカバリー Td6のV6ディーゼル・シングルターボ・エンジンは、最高出力258ps、最大トルク600Nmを発生。同じエンジンを搭載する新型ディカスバリーは日本でも購入できる。価格は799万円から。




By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:LAND ROVER DISCOVERY ROAD TRAIN PULL


■関連記事
・ランドローバーの新型「ディスカバリー」が、 ユーロNCAPの安全評価で最高の5つ星を獲得
・あらゆる地形に対応した史上最強のランドローバー、「ディスカバリー SVX」がフランクフルトでデビュー!
・新型ランドローバー「ディスカバリー」の誕生記念限定モデル、特設ウェブサイトで抽選販売開始