貼り付けるだけでパーツ性能を引き出す!? トヨタ「プリウスPHV」と「ヴィッツ」用のGR PARTS(TRD)が登場!!
Related Gallery:2017 GR TRD Parts

TRD (ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、「プリウス PHV GR SPORT」「ヴィッツ GR/GR SPORT」の発売にあわせGR PARTS(TRD)の発売を開始した。

プリウス PHV GR SPORT用としては、車両のスポーティーさをより際立たせ、空力も考慮したブラック塗装の「GRフロントアンダースポイラー」(4万5,000円) が用意された。

フロントバンパー下部にスポイラーを装着することで、全長がオリジナルより約20mmプラス、地上高がオリジナルより約20mmダウンする。設定されているカラーは、ツヤありブラックのみだ。


同様に、ヴィッツ GR/GR SPORTにも「GRフロントアンダースポイラー」(5万円)が用意されている。装着することで、全長がオリジナルより約25mmプラス、地上高がオリジナルより約15mmダウンとなる。こちらもカラーは、ツヤありブラックのみとなっている。

また、ヴィッツ GR/GR SPORTには、バンパー左右のインテークの存在感をさらに高めるデザインに仕上げられたツヤありブラックの「GRフロントコーナースポイラー」(4万円)も装着可能だ。 


なお、「GRフロントアンダースポイラー」には、前後の空力バランスを考慮して、リヤルーフスポイラーに装着するゴム製の「リヤスポイラーエクステンション」がセットされており、空力に関するTRDならではのこだわりが感じられる。


注目のパーツとしては、GRディスチャージテープ(GRロゴ入りアルミテープ)が登場。なんと、ボディ4カ所に貼り付けることで、ボディへの帯電を取り除き、車両本来の性能を引き出してくれるとのこと。

ただ貼り付けるだけで性能が変わるという点には驚きがあるが、既に、トヨタの量産モデルやオプショナルパーツでもこのようなアルミテープを採用している実績もあり、このテープにもレーシングカーを手掛けるTRDのノウハウが活かされているに違いない。

サイズは、(大)W約100×H約55mm(3,000円)と(小)W約50×H約25mm(1,500円)の2種類。もちろん、単品の他4枚セットも用意されている。なお、パーツの性能以上は引き出せない点はご注意を。

今回TRDから登場するパーツは少なかったが、トヨタでは、GRシリーズが展開され広がるにつれてユーザーの要望も増えてくると思われる。さらなるレーシーなパーツの登場も期待したい。

(※価格はすべて消費税別・工賃別)

TRD 公式サイト
http://www.trdparts.jp