【ビデオ】発明家コリン・ファーズ氏が、BMW 3シリーズを「走るジャグジー」に改造 バーベキューも楽しめる
コリン・ファーズ氏はクレイジーだ。だが、これは最高の褒め言葉である。英国の発明家で人気ユーチューバーでもある彼は、奇想天外なアイデアを思いつき、それを実際に造り上げる才能に恵まれている。例えばこの"銃を装備した三輪タクシー「トゥクトゥク」"や"モーターで走るベビーカー"、そして"125ccエンジン搭載の高齢者向け電動カート"など。そして彼の最新作であり、今回も世間をザワつかせるこの乗り物は、昨年ご紹介した"本物の空飛ぶバイク"程のインパクトはないかもしれない。しかし快適性という点に関しては断トツで優れているように思われる。



それは大幅に改良されたE30型のBMW3シリーズ」をベースにした"走るバスタブ"だ。人工芝に包まれたこのクルマは、後部にバーベキュー・グリルを搭載し、リーフブロワー(落ち葉集めの機械。使い途は動画をご覧になると分かる)を備える。しかし最も優れている点は、車内が防水であることだ(急ハンドルを切ると無効)。エンジンを入れるとその水は温められ、このイカしたBMWはジャグジーになる。



ファーズ氏はこのクルマに沢山の素敵なネーミングを用意した。例えば、"スパ・カー"、"ビーエムバブルユー"、"ジャクルージー"、"コンバータプール"などだ。是非その楽しさを、下のビデオでご覧いただきたい。




By JEREMY KORZENIEWSKI
翻訳:日本映像翻訳アカデミー