Related Gallery:2017 Toyota Hilux TRD

TRD (ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、2017年9月12日より トヨタハイラックス」の日本発売にあわせTRDパーツを発売した。

迫力あるフロントフェイスを生み出すハニカムメッシュのフロントグリルや、オフロードスタイルを際立たせるアンダーカバーやサイドステップ、スポーツバー等を設定している。


ハイラックスと言えば、ピックアップトラックだが、SUVが全盛期の時代は、荷台にキャノピーが装着された「ハイラックスサーフ」もラインナップされていた。初期のキャノピーは樹脂製の簡易的なものを被せるタイプであったが、ハイラックスサーフの進化の過程で、ボディと一体化され、乗用メインモデルとして独立したモデルとなっていった。

当時は"サーフ"の愛称で呼ばれていたが、実は「カリーナサーフ」や「マスターエースサーフ」というモデルもあったので、サーフだけではどのクルマか分からないのだが、圧倒的にハイラックスサーフの人気が高く知名度も高かった。

現在では、ハイラックスサーフはSUV市場がクロスオーバーSUV市場へ変化したので、「ランドクルーザー プラド」へ吸収されてしまっている。

そのようなハイラックスサーフであるが、今回発表され、12月に登場するキャノピー(36万円)は、初期のハイラックスサーフを彷彿とさせるような使い方ができるパーツなのだ。

設定色は、ブラック・ホワイト・レッドの3色。あえてボディカラーと違う色を選んで楽しむこともできそうだ。なお、画像の車両に装着されているオーバーフェンダー(8万円・持込登録が必要)も12月の発売予定となっている。

Mount Licancabur Volcano (5600m - 19300ft) in the Atacama region of Northern Chile
もちろんピックアップトラックとして使うためのアイテムも用意されている。フロントグリル、フロントバンパーカバー、フロントアンダーカバー、サイドステップ、ステッカーなどのドレスアップパーツに加えて、画像のスポーツバーも登場した。

ロールバーではないので横転時の強度は不明だが、装着するだけで、単なる商用車ではなくアクティブに使うギアとしてのスポーティーさを高めてくれる。


キャノピーほどの荷物は積まないが、積載物を雨から守りたい人におススメなのが、このハードトノカバー(16万円)。鍵も付いているので、いたずら防止にもなりそうだ。

なお、トノカバーの内側には電池式のLED灯も装着されており、夜間の荷物の積み下ろしにも便利そうだ。

以前は様々なメーカーでピックアップトラックがラインナップされていたが、そのほとんどが海外市場向けになってしまった。

ハイラックスが再登場し、カスタマイズ市場が盛り上がってくれば、海外では販売されている本当のハイラックスサーフ(海外名「4ランナー」)が日本市場に登場するかもしれない。

(※価格はすべて消費税別・工賃別)

TRD 公式サイト
http://www.trdparts.jp/index_menu.html


Related Gallery:2017 Toyota Hilux TRD