マツダ、2030年前半までに全モデルを電動化する方針を固めたとの報道
マツダは2030年代前半までに全モデルを電動化(ハイブリッドも含む)する方針を固めたと、9月15日に共同通信が報じた。世界的な排ガス規制強化に対応するため、同様の戦略にシフトする自動車メーカーが増えている。

同通信社によると、マツダは2030年前半までに全モデルに電気モーターを搭載する計画だいう。情報元については言及されていない。この報道に対し、マツダの広報担当者はコメントを控えている。

現在、マツダのラインナップに完全な電気自動車はない。「アクセラ」のハイブリッド・バージョンは設定されているが、これは日本市場で販売されているだけだ。2013年には「Mazda2(日本名:デミオ)に330ccという小さなロータリー・エンジンを発電機として搭載したレンジエクステンダー型の電気自動車を公開したが、市販化には至っていない。

今回明らかになった電動化の動きは、同社の技術開発の長期ビジョン「サステイナブル"Zoom-Zoom"宣言」に沿ったものだろう。このビジョンでは環境に優しい様々なパワートレインの導入を計画しており、その中には2019年に導入される電気自動車も含まれている。また、同じ2019年にはマツダがガソリンの圧縮着火を世界で初めて実用化した次世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」の製品化も始まる予定だ。従来の火花点火ガソリン・エンジンに比べると20〜30%も効率が改善されるというこのエンジンが、もしハイブリッド技術と融合されたら、さらなる大幅な燃費向上やパフォーマンス向上が実現するかもしれない。また、最近発表されたトヨタの提携により、マツダはトヨタの既存の技術を利用して、ハイブリッド車と電気自動車の開発を急速に進めることが可能になるだろう。

マツダは9月14日、日本市場向けに3列シートを備える新型クロスオーバーSUV「CX-8」を発表した。このモデルにはディーゼル・エンジンのみが設定されている。さらにマツダは、米国市場向け「CX-5」にようやくディーゼル・エンジン搭載モデルを導入する予定だ。

今年7月にはボルボ・カーズが、2019年以降に発売する全てのモデルに電動モーターを搭載すると発表。続いてジャガー・ランドローバーは2020年、メルセデス・ベンツも2022年までに全車種を電動化すると発表している。今回のニュースが真実であれば、マツダもこれらのメーカーに追従することになる。

※この記事は『Reuters』に掲載されたNaomi Tajitsu記者の記事を転載したもの。

By REUTERS
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
・マツダ、ガソリンの圧縮着火を世界で初めて実用化した次世代エンジン「SKYACTIV-X」を発表!
・マツダ、レンジエクステンダーEV向けのロータリー・エンジンに関連する特許を米国で出願