Related Gallery:2017 Mazda CX-8 02

9月14日に発表されたマツダCX-8」。外観から判断するとトヨタRAV4 」 と「ヴァンガード」の関係のように、2列シートの「CX-5」をストレッチして3列シートのCX-8を作ったようにも見えるが、開発担当者に伺うとベースとなるのは実はCX-5ではなく、「CX-9」とのこと。

マツダとして3列シートの多人数乗車ニーズへの回答は、ミニバンではなく、クロスオーバーSUV。デザイン性を優先して展開してきているマツダの流れの中では当然の成り行きだろう。

SUVとしてマツダの3列シートのラインナップは、CX-9が先代モデルに続いて、現行モデルが北米に投入されているが、さすがに5mを超える全長、1969mmの全幅では大きすぎて日本の道路事情にフィットしない。

そこで、企画段階でCX-9とCX-8は同時検討され、3列シート車はCX-9をベースに日本での使い勝手を検討しながらCX-8を開発したとのことだ。


なぜ、CX-5と同じ1,840mmの全幅であるのに関わらず、CX-5をベースにストレッチしなかったのかと伺ったところ、乗員を3列シートすべてで大人が適正なポジションをとれることを目標にしていたため、必要なフットクリアランスを確保できる全長が必要であり、CX-9と同様のプラットフォームを使うことが最適であったということ。そのことは、CX-9とCX-8が同じホイールベースとなっていることからも分かる。

マツダの商品構成の中で、廃止となるビアンテやプレマシーの顧客を満足させるためには、最低限3列目もしっかり大人が乗車できる必然性があり、ホイールベースの長さがSUVで居住性をアップさせるキーポイントとなったのだろう。

なお、ガソリンタンクはCX-9の航続距離をベースに設定された大型72Lサイズを採用しているため、東京から九州まで無給油で走行できる最大の航続距離が1,137㎞を達成している。

筆者としてはガソリンタンクをもう少し小さくして、居住空間へ充てた方が良かったのではとも思ったが、開発者としては充分な室内空間を確保できているのでその点は問題ないとのこと。


CX-9をベースにして3列シートを成立させているが、CX-8は、CX-9よりも全長で165mm、全幅で129mm小さい。そのため、工夫が凝らされているのがこのリアセクションだ。

全幅方向はCX-9がドアが厚めのデザインのため、CX-8ではドア厚を薄くするなどしてサイズダウンしているとのこと。結果として比較的広々としているCX-5と同様の1840mm幅となっているので3列目シートの幅方向の居住空間はゆったりしている。



全長が短くなった分は、つま先を差し込めるスペースなどを工夫し空間をうまく活用して快適性をアップしている。そのため、3列目のレッグスペースは、760mmとなり、MPVの732mm、プレマシーの745mmを上回る余裕のスペースが生み出されている。

実際に乗車してみると、2列目に大人が乗った状態の通常位置で、3列目でも大人の膝が当たらない程度のクリアランスは充分確保されていることが確認できた。国産SUVの3列シートモデルと比較すると明確な違いが感じられた。

全高に関しては、なんと一番上位のCX-9よりも、さらに17mm高くなっており、CXシリーズで最も高い全高1,730mmになっている。パッケージングの最適化をするうえで、単にCX-9と共通化するのではなく、必要な変更も加えられている点からもマツダのこだわりが感じられる。

なお、通常の3列シート車はヘッドクリアランスを確保するために、ルーフエンドが四角くなりがちだが、CX-8はクロスーバーSUVとしてのスタイリッシュさをいかしつつ、3列シート車を成立させるパッケージングに仕上げるのに苦労されたとのこと。

デザインを生かしつつ、3列シートの居住空間を確保するため出した回答は、ミニバン的にヘッドクリアランスを大きめにとるのではなく、着座時に髪の毛が天井に触れないという必要スペースをあらかじめ規定し、必要充分な室内高を確保したうえでデザインをまとめるということであった。

確かに、外観からは3列シート車とは思えないまとまりのあるリアセクションのデザインに仕上がっている。これまでミニバンだからカッコ悪くてもしょうがないという風に諦めていたユーザーにはお勧めできるスタイリッシュさを実現できていると言えよう。


CX-5とCX-8のフロント部分を並べてみるとほぼ同じことが分かる。全幅が共通なので、基本的には同じパーツだろう。グリルデザインが大きく違う点が、見分けるポイントだ。

開発者にデザインを大きく変えなかった理由を伺ったところ、マツダとしての目指すデザインがあり、デザインテーマが同じなので、あえて統一感のあるデザインとしているとのことであった。

グリルについて、CX-3、CX-4、CX-9同様の横バータイプを採用した理由については、全体的なデザインとの調和や意思の強さと落ち着きを表現するために採用しているとのこと。結果としては、CX-5のみ独自のメッシュタイプのグリルとなっている。


インテリアはご覧の通り、CX-8はCX-5とほぼ同じ。シャーシはCX-9だが、全幅がCX-5と同様なので同じパーツで仕上げることが出来るわけだ。

ただし、実際には木目のフィニッシャーなどの加飾パネル類がより上質なものに変更され、より高級感があるインテリアに仕上げられている。


特に、フロントのコンソールリッドが観音開きタイプに変更されたり、セカンドシートにもセンターコンソールが装着されたグレードが用意されたり、よりセダンライクで、ラグジュアリーなインテリアが演出されている。

2列目シートのシートタイプは画像のセンターコンソールがついたキャプテンシートの他、センターコンソールがないキャプテンシート、ベンチシートの3パターンが用意されている。プレマシーでは、からくりシートでシートアレンジを実現していたが、今回はオーソドックスなシートアレンジが採用されている。

なお、チャイルドシートを固定できるR129対応のISOFIX固定金具が採用されているが、2列目シートの左右のみの設定となっているので、3列目シートにチャイルドシートやジュニアシートを装着する場合は、シートベルト固定タイプのみが対応となる。


荷室については、フル乗車の場合それほど大きいスペースを確保することが出来ないが、フル乗車でも生後1ヶ月から使えるA型のベビーカーが積載できる程度のスペースが確保されている。ただし、毎回フル乗車でたくさん買い物などする人は、ルーフボックスなどの別に荷物を積載できる手段が必要になりそうだ。

しかし、通常は2列目までしか使わず、3列目シートは来客用などのエマージェンシーとして使おうという人にとっては、自転車のフロントタイヤを外せば荷室に積載できるぐらいの大きなスペースができるので、ビッグワゴンとして使うには便利そうだ。

CX-5以上CX-9未満という日本市場をメインに考えられた絶妙なサイズのCX-8は、6人以上を乗せる場合がある、CX-5より上質な仕様が良い、そしてCX-5では積めないような大きな荷物を積載するドライバーにおススメできるモデルだ。

マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/


Related Gallery:2017 Mazda CX-8

Related Gallery:2017 Mazda CX-8 02


■関連記事
・「プレマシー」「ビアンテ」の後継となれるのか!? 3列シートクロスオーバーSUV市場を切り開くマツダ「CX-8」発表!!
・【LAオートショー2015】マツダ、新開発の2.5リッター・ターボ・エンジンを搭載する3列SUV「CX-9」を公開