「プレマシー」「ビアンテ」の後継となれるのか!? 3列シートクロスオーバーSUV市場を切り開くマツダ「CX-8」発表!!
Related Gallery:2017 Mazda CX-8

マツダは2017年9月14日に、12月14日から発売を開始する新型3列シートクロスオーバーSUVの「CX-8」を発表した。

残念ながら、海外市場向けの「CX-9」は日本には導入されないとのことで、CX-8は、マツダの国内向けSUVラインアップにおける最上位モデルとなる。そのため、単なるCX-5のロングバージョンという位置づけではなく、さらなる上質感、高級感も盛り込まれている。


ターゲットとなるユーザーは、「走りやデザインを諦めたくない。でも家族や友人ともドライブを楽しみたい」と考えるドライバー。これまでは、3列シートに大人がしっかりと乗る前提の場合、ミニバンがメインの選択肢だったが、CX-8は、3列シートの市場においてクロスオーバーSUVとしてあらたな市場を開拓する使命をもって投入された(国産SUVで3列シートのモデルは3列目が補助席的なものがほとんどとのこと。)

3列シートのミニバンの「ビアンテ」は、奇抜なデザインが受け入れられなかったのか、販売台数は伸びず、「プレマシー」は、日産ラフェスタハイウェイスター」としてOEM供給されているが、販売が終了する予定だ。

ストリームやウィッシュなど立体駐車場に入る1,550mm以下の3列シートワゴンが売れた時代から、CH-RやヴェゼルなどのクロスオーバーSUVが売れる時代へ変化し、3列シートのミニバンが、3列シートのクロスオーバーSUVへシフトするのも必然だろう。

ちなみに、プレマシーの後継として日産にOEMされる可能性について確認したが、OEMは企業対企業の話なので、具体的にお話しできないとのこと。おそらくトヨタとの関係が強化される方向であるのと、エクストレイルの7人乗りモデルに多少はターゲットが重複するので、ラフェスタハイウェイスター化はなされないのではないだろうか。


「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用し、「上質かつ洗練されたデザイン」、「街乗りから高速走行まで余裕のある走り」、「3列目を含むすべての乗員が楽しめる快適性と静粛性」を特長とするCX-8のデザインは、「魂動」をより高い次元へと深化。

「TIMELESS EDGY(タイムレス エッジー)」をコンセプトに、時を経てもドライバーの感性を刺激し続ける先進性を目指し、国内における最上位SUVとして、風格や質感にこだわり、インテリアも色や素材の一つ一つにまで吟味を重ねた仕上がりを目指して開発されている。


エンジンは、進化したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を採用。2012年の導入以降で最も大きな改良を加えることにより、3列シート車の想像を超える、力強いパフォーマンスと優れた環境性能を実現。

また、マツダ独自の技術「G-ベクタリングコントロール」を搭載。ドライバーとともに乗員全員が街乗りから長距離ドライブまで楽しめるクルマに仕上げられている。

加えて、「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」の安全思想に基づき開発したマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」により、「走る歓び」の土台となる安心・安全なドライブ体験が実現されている。

また、オプションだが、新開発の「360°ビュー・モニター」も登場。駐車時や狭い路地でのすれ違いなど、さまざまな状況において車両の周囲をモニターで確認することが可能になり、大型SUVの取り回しの悪さや死角の多さなどを補うことができ、ドライバーの運転をより安全にサポートしてくれるのだ。

多人数乗車が出来るクルマだけに最高ランクの安全性が搭載されていることは魅力的だ。
 
気になる価格だが、319万円から選ぶことが出来る。エンジンはすべて共通スペックで、3つのグレードにはFFとAWD(4WD)がラインナップされている。

2列目のシートアレンジが、キャプテンシートの6人乗り、ベンチシートの7人乗りに加え、Lパッケージでは画像のようなセンターコンソールを備えたモデルも用意されている。アルファードのようなミニバンユーザーもターゲットとするとのことなので、ラグジュアリーな大人の空間を求めるユーザーにはLパッケージをおススメしたい。ちなみに、販売の中心となるのは、XDのプロアクティブとのこと。


CX-8の発売は12月14日からだが、早速予約受注が開始されている。実車については、いち早く体感できるよう、一般ユーザーを対象にしたプロトタイプ先行展示イベントが9月15日より順次上記の全国10会場で実施されるとのことなので、気になるユーザーは行ってみるとよいだろう。

詳細は専用サイトにて
http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/event/

なお、プロトタイプと量産モデルの違いを開発者に確認したところ、量産までには合わせ目など詰められるところは直前までこだわって詰めていくので、基本的には大きく変わらないが、プロトタイプより量産モデルの方がよりよくなるのは間違いないとのこと。

ミニバンユーザーがクロスオーバーSUVに流れるかどうかの試金石となるCX-8、スペース効率では不利な面はあるが、デザイン面、パッケージング面で魅力的なのは間違いない。

■マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/


MAZDA CX-8 スペシャルムービー 2017年9月~