マクラーレン・ホンダの装飾ずくめのスイートルームに宿泊できる。ヒルトン東京お台場が期間限定コラボ
ヒルトン東京お台場は、マクラーレン・ホンダとコラボレーションした特別なスイートルームを用意し、9月16日から10月18日まで一部屋限定・期間限定の「マクラーレン・ホンダ スペシャルスイート宿泊プラン」として予約受け付け中だ。ヒルトンはマクラーレンと2005年からパートナーとして12年間支援。今回日本グランプリに合わせて、マクラーレンから支給されたドライバーのさまざまな写真やグッズによって装飾された、『お金では買えない経験』を提供する。

Related Gallery:マクラーレン・ホンダ スペシャルスイート宿泊プラン

9月12日に報道陣へ公開された部屋は、最上階にあるワンベットルーム・スイートで、部屋の扉を開けるといきなりピットの巨大な写真が飾られており、ヒルトンらしからぬ雰囲気に。部屋に入ると窓際にフェルナンド・アロンソ選手のヘルメット、レーシングスーツ、レーシングブーツをまとったマネキンが立ち、一瞬ビクッとするはず。テーブルにはステアリングホイール、部屋の隅にはピレリのタイヤが飾られ、部屋のあちこちにフェルナンド・アロンソ選手やストフェル・バンドーン選手の写真が掛けられている。





ベッドルームは、チェッカーフラッグが飾られ、ベッドメイキングも市松模様に統一されていた。おもしろいのは、2人のドライバーの名前が入ったバスローブが用意されているところ。どちらの選手名を着るか迷うところだ。マクラーレン・ホンダのグッズ類も置かれており、コーヒーもマクラーレン・ホンダのロゴ入りマグカップで楽しめる。




副総支配人・営業推進担当 ピーター・ロイター氏によると、ヒルトンは全世界100カ国以上、約5000軒のホテルがあり、ヒルトン・オーナーズ(ロイヤリティプログラム会員)は世界で6000万人を超えるという。そんな会員向けに、とっておきの思い出として残せるよう世界各地でユニークな体験を提供しており、今回のマクラーレンとのコラボもそのうちの1つ。ただし、ヒルトン・オーナーズでなくても宿泊が可能なので、F1好きな人には夢の1日を体験してほしい。



部屋だけでなく、マクラーレン・ホンダ スペシャルスイート宿泊プランご利用者限定のディナーを用意。マクラーレンのコーポレートカラーであるオレンジをすべての料理にあしらったもので、宿泊する際はぜひ頼みたい(宿泊2日前までに要予約)。



 料金は、日によって違うが1泊2名利用時ベッド&プレックファストプランで7万6000円ほどから(税・サービス料込)。通常のワンベットルーム・スイートと料金は変わらない。また、スペシャルディナーは1名8000円(税・サービス料別)。1日1組だけなので、早めの予約をオススメする。予約は、ヒルトン東京お台場のサイト「【一部屋限定・期間限定!】マクラーレン・ホンダ スペシャルスイート宿泊プラン」から。


Related Gallery:マクラーレン・ホンダ スペシャルスイート宿泊プラン