【ビデオ】ブガッティ「シロン」、0-400-0km/hの世界最速記録を樹立! ドライバーはJ.P.モントーヤ
Related Gallery:Bugatti Chiron 0-400-0 kmh Record Run

ブガッティは、我々のスピードに対する概念を次々と変えていく。最速、最強、世界記録、という言葉は単なる文字で、もはや記号のようなものでしかない。「シロン」のようなクルマがどれほど速いかを知るためには、その凄さを体感する必要がある。しかし、それは誰にでも出来ることではないので、動画を観て確認していただくことにしよう。

インディ500で2度の優勝経験を持つファン・パブロ・モントーヤが、シロンのステアリングを握り、停止状態から400km/hに到達してさらに停止させるまでの世界最速記録を11日に樹立した。



モントーヤは400km/hまで32.6秒で到達すると、ブレーキを強く踏み、リア・スポイラーによるエアブレーキも作動させ、わずか9.3秒でシロンを完全に停止させた。つまり、0-400-0km/hまで41.96秒しか掛からなかったのだ。距離にして3.112km。その間、ドライバーの努力は特に必要なかったようだ。

「今回の0-400-0走行に向けて、僕らが普段レース前に行っているような複雑な準備は必要なかった」とモントーヤは語る。「シロンは、全てがとても簡単だった。乗って走るだけでいい。驚異的なクルマだ」。

"驚異的"という言葉はシロンに相応しい。しかし、ブガッティはまだ先代「ヴェイロン」が打ち立てた267.855mph(約431km/h)という最高速度記録をシロンで塗り替えていないのだ。これは2018年に挑戦する計画であるという。楽しみに待つことにしよう。


By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー