Related Gallery:Porsche 911 GT3 Touring Package

今朝お伝えした話の通り、ポルシェが「純粋なスポーツカー愛好家」向けという「911」シリーズの新たな仕様を発表した。ただし、噂されていたような"「911 R」の量産型"を期待していた人が、どれだけ満足されるかは分からない。それは「911 GT3 ツーリングパッケージ」という車名が表すように、既に販売されている「911 GT3」の内外装を、より公道向けに仕立てたバージョンだった。

「ツーリングパッケージ」という名称とコンセプトは、伝説的な1973年の「911カレラ 2.7 RS」に遡る。ホモロゲーション・モデルとして限定数が製造されたカレラ RS2.7は、モータースポーツ参戦用の「レーシング」仕様のほか、公道での快適性や利便性を重視してパワー・ウィンドウをはじめとする通常の911と同等の装備を持つ「ツーリング」、そしてその中間的な公道走行を考慮しつつ軽量化が施された「スポーツ」という3つの仕様が設定されていた。現代の911 GT3に当てはめてみると、標準のGT3はスポーツに相当し、もちろんGT3Rがレーシング、そして今回登場したツーリングパッケージが、ツーリングの位置づけとなるのだろう。



"GT3"の名前がそのまま与えられているとおり、パワートレインやシャシーは全て通常のGT3と共通。リアに積まれた4.0リッター自然吸気水平対向6気筒エンジンは、最高出力500psと最大トルク460Nmを発揮する。ただしトランスミッションは911 Rで好評を博しGT3にもマイナーチェンジ後に追加された6速マニュアルのみ(911カレラ系の7速とも違う)となっている。センター・コンソールの「スポーツ」ボタンを押すと自動的に回転を合わせ素早いシフトダウンが可能になるレヴマッチ機能も搭載されている。駆動力はコーナーリング時に左右の駆動輪を制御するPTV(ポルシェ・トルク・ベクトリング)を備える機械的LSDを介して後輪のみに伝えられる。0-100km/h加速は3.9秒と、GT3の6速MTと同等。だが、最高速度は4km/hほど伸びず316km/hに留まる。

「911 カレラS」より25mm低い車高や、44mm拡げられたホイールアーチに収まるセンターロック式鍛造ホイールに装着された前245/35ZR20、後305/30ZR20というタイヤのサイズも標準のGT3と同じだ。後輪操舵「リアアクスルステアリング」も備わり、オプションでPCCB(ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ)も装備できる。



従来のGT3と異なるのは、エクステリアとインテリア。ボディは大型エアインテークを備えるフロント・バンパーや、ダクトが開けられたフロント・フードも含め、ほとんどGT3と共通だが、巨大な固定式リア・ウイングの代わりに、通常の911と同様の可変式リアスポイラーが採用されている。その後端にはポルシェが「エアロダイナミックティアオフエッジ」と呼ぶボディ同色のフラップが備わり、カレラ RS2.7の"ダックテール"を連想させる。エンジンを覆うメッシュのグリルとその上に付く控え目なバッジはGT3 ツーリングパッケージ専用だ。また、このパッケージではサイドの窓枠がシルバーになる。



インテリアは、軽量で滑りにくいアルカンターラではなく、ステアリングも含めてブラックのレザー張りとなる。ヘッドレストにエンブレムがエンボス加工されたシートは中央部がファブリックだが(残念ながらタータンチェック柄ではない)、GT3用に用意されているCFRP製バケット・シートや電動調整式シートもオプションで選べるようだ。ダッシュボード等のトリムはブラックのアルミニウム。公道走行向けGT3であるにもかかわらず、「ポルシェ トラックプレシジョンアプリ」にも対応しているので、サーキット走行を楽しむ際にはスマートフォン上で詳細なドライビングデータの表示、記録、および分析が可能だ。



この911 GT3ツーリングパッケージは、確かにリアウイングを持たずにGT3用の4.0リッター自然吸気エンジンをマニュアル・トランスミッションで操れるということでは911 Rと同じだが、カーボンファイバー製のフロント・フードやフェンダー、マグネシウム製ルーフ、ポリカーボネート製ウィンドウなどによる特別な軽量化を施した911とは違う。ちなみに、911 Rの0-100km/hは3.8秒と、GT3やGT3ツーリングパッケージより0.1秒速く、最高速度323km/hはこれらを上回る。

つまり、GT3ツーリングパッケージが、GT3の内外装を公道走行に合わせて控え目に仕立てたバージョンであるとしたら、911 Rは"ほぼレースカー"である「911 GT3 RS」をベースに造られた公道向けモデルという歴然とした違いがある。"純粋主義者のための911"と言われた911 Rを手に入れられなかった人々の気持ちが、このGT3ツーリングパッケージで満たされるかどうかは分からない。ただ、限定生産だった911 Rに比べれば、価格の面でもこのGT3ツーリングパッケージの方が手に入れやすいことは確かだろう。日本での販売価格はまだ発表されていないが、米国では標準のGT3と同価格で販売されるという。日本における911 GT3の価格は2,115万円。911 Rは2,629万円もした。


Related Gallery:Porsche 911 GT3 Touring Package


■関連記事
・【ジュネーブ・モーターショー】ポルシェから、純粋主義者向けの限定モデル「911 R」が登場
・ポルシェ、500馬力にパワーアップした「911 GT3」を発表 6速MTも復活!
・【ジュネーブ2015】ポルシェ、"公道でも乗れるレーシングカー"新型「911 GT3 RS」を発表!