Related Gallery:Honda Urban EV Concept

ホンダの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、現地時間2017年9月12日にフランクフルト・モーターショーにおいて「Honda Urban EV Concept(アーバンイーブイコンセプト)」を世界初公開した。

【フランクフルト2017】ついに量産EV登場か!! ホンダがそのベースとなる「Urban EV Concept」をワールドプレミア!!
Related Gallery:2017 Honda Urban EV Concept

新開発のEV専用プラットフォームを採用するHonda Urban EV Conceptは、将来の量産EVモデルの技術とデザインの方向性を示すコンセプトモデルだ。ホンダはこのモデルをベースにした量産EVを2019年に欧州にて発売する。

また、今後欧州で発売される全ての新型モデルにハイブリッドを含めた電動化技術を搭載することを併せて発表した。


Honda Urban EV Conceptのエクステリアは、Hondaのスモールカーが作り上げてきた"キビキビした走りの楽しさ"と"愛着を感じる親しみやすさ"をシンプルに、アイコニックに表現している。

ローアンドワイドでかつ、都市の移動に最適なコンパクトサイズのボディは、欧州仕様の「ジャズ(日本名フィット)」よりも全長が100mm短い。

どことなく、N-ONEなどのNシリーズに通じる親しみやすい仕上がりが、ホンダらしい。


また、車両のフロント部分には充電状況やドライブへの助言、挨拶などを多言語で表示できるディスプレイが設置されている。

停車中の機能かと思うが、前方のクルマにミラー越しで確認してもらうのであれば、救急車のように反転したメッセージを流す必要があるが、ディスプレイであれば、すぐに反転した文字を表示することもできそうだ。

Honda Urban EV Concept unveiled at the Frankfurt Motor Show
インテリアは、リビングルームのような心地良い空間と大型ディスプレイの採用に加え、AI技術を用いたHonda Automated Network Assistantで"人とクルマとの新しい関係性"を提案している。

また、 スリムなAピラーとワイドな前面ガラスにより、遮るものを最小限に抑え圧倒的な開放感を実現、加えてフロントドアにはリアヒンジ式のコーチドアが採用され、ショーカーらしい存在感を演出している。


ホンダお得意の、木目調フローティングコンソールを持つダッシュボードは、コンソール裏から左右ドアにまで伸びたスクリーンに囲まれ、両サイドのスクリーンはサイドミラーの機能として車両外部に取り付けられたカメラの映像を映し出している。

なお、ダッシュボード上のスクリーンには航続可能距離をはじめとする走行情報や、Honda Automated Network Assistantによるパーソナルコンシェルジュ機能により、ドライバーのライフスタイルや過去の行先、嗜好を学習して状況に応じた提案が表示されるほか、ドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して安全運転のサポートを行うなど、ドライバーとモビリティーの自然なコミュニケーションをとることが出来るとのことだ。


さらに今回ホンダは、効率的なエネルギーマネジメント実現する「Honda Power Manager Concept(パワーマネージャーコンセプト)」を同時に発表した。

Honda Power Manager Conceptはモビリティーと暮らしをつなぐパワーコンディショナーで、太陽光などの再生可能エネルギーや燃料電池車によって発電した電気と系統電力をやり取りして、家庭・EV向けに必要に応じた充放電を行うことが出来るシステムだ。

機能としては、日産のリーフtoホームのようなイメージだろう。

なお、ホンダはフランス政府が主導するIoT技術の活用や再生可能エネルギーの効率的な利用などを促進する国家プロジェクトである、SMILE(SMart Ideas to Link Energies)プロジェクトに参加し、フランス西部で2020年までに展開される実証実験にPower Managerを提供する予定となっている。

おそらく東京モーターショー2017でも実車が公開されると思われるので、気になる読者はチェックしてみよう。

■ホンダ 公式サイト:
http://www.honda.co.jp/


Honda Motor Europe Announces Electric Vision
Honda Urban EV Concept unveiled at the Frankfurt Motor Show