Related Gallery:Kia Proceed Concept

先日のティーザー画像で我々の期待を煽った後、起亜は謎に包まれていたワゴン型コンセプトの公式画像と正式なモデル名を公表した。その名は「プロシード・コンセプト」。ホンダ「シビック」フォード「フォーカス」フォルクスワーゲン「ゴルフ」などのコンパクトカーと競合する起亜「シード(C'eed)」の 次期型になると思われる。 

このプロシード・コンセプト(Proceed Concept)でまず気になるのはその車名だ。現行シードの2ドア・ハッチバック版である「プロ・シード(Pro_cee'd)」と似ているのに違っていて実に紛らわしい(校正を担当する編集者は苛立つに違いない)。だが、プロシード・コンセプトは紛れもなく4ドア・ハッチバックで、一般的なワゴンに近いボディ・形状を持つ。このコンセプトに関する起亜の主張によると、人々が典型的な2ドア・ハッチバックに代わる選択肢を受け入れるようになったので、何か違うものを将来的なモデルとして検討しているとのことだ。



ボディ・スタイルに関しては全く異論はない。それは我々のようなジャーナリストから好まれるワゴンというだけでなく、非常に美しい外観をしている。ホイールから上が全体的にかなり低く、後方に向けて絞り込まれているので、静止していても流れるようなスピード感を見る者に与える。シャープなラインの「スティンガーGT」よりもさらに流麗だ。

古典的な美しさを感じさせるライン以外にも変わった特徴がある。光り輝く窓枠の部分は、クロームでも白く塗装されているわけでもない。これはLuminlineと呼ばれるもので、実際に光りを放つ。つまり、夜間でもクルマの粋なルーフラインを視認できるというわけだ。

だが、これは欧州向けのコンセプトなので、起亜が正規販売されていない日本はもちろん、米国でもその市販化モデルを見ることはないだろう。だが、もし起亜の関係者がこの記事を読んでいた場合に備えて、こう提案しておこう。「フォルテ」のバッジをつけて米国で売ればよい。一般の人々には分からないだろうし、気にもしないだろう。そうすれば米国市場向けにわざわざ別のモデルを1台開発する手間が省ける。ぜひ検討してほしい。


By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Related Gallery:Kia Proceed Concept


■関連記事
・起亜、スポーツワゴンの新型コンセプトをチラ見せ! 実車はフランクフルト・モーターショーで公開
・【北米国際オートショー2017】起亜、公約通りに市販化されたスポーツ・セダン「スティンガー」を発表
・【ビデオ】起亜が新CMに超セクシーなトップモデルを起用!