メルセデス・ベンツ、コンパクトな電気自動車「コンセプト EQ A」のスケッチを公開! 2020年以降に市販化予定
メルセデス・ベンツは、12日から開催されるフランクフルト国際モーターショーで数多くのクルマを展示する。その目玉の1つが、電動車に特化した同社のサブブランド「EQ」を象徴する新しい電気自動車だ。「コンセプト EQ A」と呼ばれる同車については、既に1枚のティーザー画像が発表されているが、フロント・フェイシアが光を放っているだけで、その他の部分は暗くてよく分からなかった。それから数日が経ち、今度は車両の全体が描かれているスケッチが公開された。

これを見ると、コンセプト EQ Aというクルマがスポーティな3ドア・ハッチバックであることが判明した。コンパクトなボディは大径のホイールに支えられており、リアのオーバーハングが極端に短い。グリルの底辺から伸びたラインがボディの両サイドにおよび、ドアの後方でアーチを描いて印象的なブーメランの形を作り出しているのが確認できる。サイド・ミラーは控え目に描かれているが、それはスケッチだからなのか、それとも実際のコンセプトカーに小型のカメラが採用されているのか、今はまだ分からない。

このコンセプト EQ Aについて他に分かっていることは、2020年以降に市販化されるということだ。量産に向けて最終的にこのデザインがトーンダウンするまで、このコンセプトが進化する時間はまだ十分にある。


By JOHN BELTZ SNYDER
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
・メルセデス・ベンツ、小型電気自動車のコンセプトカー「EQ A」をチラ見せ!
・メルセデス・ベンツ、完全電気自動車「ジェネレーションEQ」の市販モデルを2020年までに発売予定
・【フォト&ビデオ】スマートが、未来の自動運転シティカー「Vision EQ Fortwo」を発表