【ビデオ】フォルクスワーゲン、市販モデルに近づいた「I.D. Crozz」をスケッチとビデオでチラ見せ!
フォルクスワーゲン(VW)は、電気自動車(EV)「I.D.」シリーズの最初のモデルを2020年に発売する。その第1弾はシンプルなハッチバックの「I.D.」だが、我々は複数の情報筋から、第2弾がクロスオーバーの「I.D. Crozz」になるという話を耳にしていた。どうやらVWはこれを大方認めたようだ。同社のプレスリリースによれば、「量産モデルの方向性を示す、さらに開発が進んだ」I.D. Crozzを、フランクフルト・モーターショーで初公開するという。

最初にI.D. Crozzが発表されたのは、今年春の上海モーターショーだった。VWによれば、今回はさらに市販化に向け、特にフロントとリアのフェイシアに改良が施されたという。フランクフルト・モーターショー開幕に先立ち公開されたスケッチと3本の短いティーザー映像を見る限りでは、全体的に大きく変わったわけではないようだ。



ヘッドライトは実際の路上で十分な明るさを放つように、より現実的なデザインに改められた。また、フロントのバッジから左右に伸びるセンター・バーにもイルミネーションが組み込まれているようだ。その一方で、幅広のボンネットや盛り上がったフェンダー、大きなロア・グリルの形状などは、最初のコンセプト・モデルとよく似ている。

米国にはI.D.ではなくこちらが導入されるというI.D. Crozzの発売は、2020年の終わりから2021年初め頃になると見られている。







By JOEL STOCKSDALE
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連記事
・【パリモーターショー2016】フォルクスワーゲン、次世代電気自動車のコンセプト「I.D.」を発表 2020年に市販化予定
・ワーゲンバスが電気自動車となって帰ってくる! フォルクスワーゲン、「I.D. Buzz」を2022年に発売すると正式発表